BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1TC「BDK-75TC」に、薪ストーブを入れてみた(冬キャンプ)※追記情報あり

コット

 どうもkazuでーす(^^♪

 今回は冬キャンプに向けた取り組みとして、BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1TC「BDK-75TC」に、「薪ストーブ(G-stove)」を入れると、どのような感じになるのか検証していきたいと思います。

 結論から言うと、ソロティピーに薪ストーブを入れることは「可能です。」

それでは、なぜ可能になるのかご紹介して行きたいと思います(^^♪

BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1TC「BDK-75TC」に薪ストーブ(G-stove)を入れてみた。

  この検証は(令和2年10月14日)現在のものですが、あまりインターネットで情報を得ることができませんでした。そもそもソロティピーは品切れが続いている為、需要と供給が間に合っていなく、冬キャンプに薪ストーブを導入し、運用する人は少ないのでは無いかと勝手に推測しています(笑)

ソロティピーとG-stoveの大きさをざっくり紹介。

 以前、紹介したソロティピーの「設営ガイド」を作成した時に大きさの紹介をしたと思いますが、このソロティピーの大きさは、240㎝×240㎝となります。約4.5畳の広さとなります。


設営ガイドを使えば綺麗に張ることができる。

 そして、G-stoveの大きさは幅22センチx奥行39㎝x高さ240㎝ (煙突の高さ含む)となっています。

以前、サーカスTCDXで使用した時の写真です。

さっそくソロティピーに薪ストーブを入れてみた。

 それではさっそくソロティピーにG-stoveを入れてみます。正面入り口を解放し、後ろのダブルジップの部分から煙突を出してみました。

 ちなみに空間を広く取る為、今回はポールを「二股化」し検証しています。


ダブルジップは中央にありますので、自然と薪ストーブも中央に設置することになります。

真ん中にポールがあると少し厳しいかもですね。

後ろから煙突を出すとこんな感じです。無骨でカッコ良い(笑)

煙突は全て使っていません。3本+スパークアレスターのみとなります。

ヘリノックスのコットを隣に設置するが薪ストーブと近く実用的とは言えない。

 正面入り口を解放して後ろ出口から煙突を出す方法では、中央にある薪ストーブにコットが近づき過ぎ、危険だと感じました。少し実用性は無いと感じました。

後ろ出口を「入口」にし、前面の入り口から煙突を出してみた。

 少し逆転の発想をし入口を前後逆にしてG-stoveを入れて見ました。

後ろを入口に。

前面入口はダブルジップではないので下幕はクリップで閉じることになります。

斜めから出すことで少し見方も変わります。

コットを置いて見ましたが「あれ?」いけるんじゃね。

 コットを置いてみましたが、薪ストーブと距離を置くことができました。テント自体の角から煙突を出すことにより、4.5畳の広さの中でもG-stoveを入れることができます。

結論、BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1TC「BDK-75TC」に、「薪ストーブ(G-stove)」を入れることは「可能です。」

 結論から言うと可能ですが、それは正面入り口をつぶすという条件付きなので、このテントの特徴である「サイドフラップ」ができなくなることを指します。しかし、冬キャンプでサイドフラップをしたまま夜を過ごすことはないと思いますので、実用性は十分あると感じました。

 最後に薪ストーブを入れて動画を撮影しました。

テント周り。
テント中の様子です。

 基本的にテント内は火気厳禁ですので、ご使用にあたっては自己責任でお願いします。

この検証が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。

※追記情報 ソロティピー1TC+DDタープ+薪ストーブで冬キャンプに挑戦しました!

設営方法など詳しく解説しています。

最後まで読んで下さってありがとうございます。



※サンドベージュ新色登場(R2.11月上旬発売)。現在は楽天ショップのみ取り扱いとなっております。





コメント

タイトルとURLをコピーしました