中古のDDハンモック!ウーピースリングが劣化していたので交換しました!

DIY

 どうもKAZUです(^^♪

 メルカリで入手した「DDハンモック」が届いたのですが、「ウーピースリング」の劣化が見られていた為、新しいウーピースリングに交換しました。

DDハンモックのウーピースリングの交換は簡単!

 まず、中古のDDハンモックですが、「焚火の匂いがする」「蚊帳に数ミリの穴がある」という理由でお安くなっていました(笑)

 キャンプを数回すると、焚火の匂いは浸み込みますし、出品者様が「訳アリ」として出品する中古品をゲットすると、少しだけ「得した気分」になりますよね(^^♪

数ミリの穴は空いているが、使用に問題はない

しかし、ウーピースリングの劣化あり

 よく見てみると「ウーピースリング」の劣化が見られています。少し紐がほつれている様子です。

 多分まだ使えると思うのですが、、、

まだ使えると思うけど、少し心配

 ツリーハンガーとハンモックの中間に位置するウーピースリングですが、ハンモック側のスリングの位置に加重がかかりやすくなっており、千切れても嫌なので、新しい物に交換することにしました。

新しいウーピースリングに交換します

 新しいウーピースリングですが、純正品のウーピースリングを使用しても良かったのですが、どうせなら「もう少し太いウーピースリング」と交換することにしました(^^♪

メルカリで購入したウーピースリング、太さは3.5mm 丁寧に作りこまれています

 メルカリで購入したウーピースリングですが、「カブ様」という方から購入させて頂きました。

 DDハンモック社製のスリングは「8本編み 2.5mm」ですが、カブ様が編み込んで作成しているスリングは「12本編み 3.5mm 」でUHMWPE(超高分子量ポリエチレン)ロープを使用している物になるそうです。

 純正のスリングと比較しましたが、太さが1mm違うだけですが、「太いなー」という印象を受けます。

 メルカリ→ 「カブ」

古いウーピースリングと、新しいウーピースリングを結びます
古い方のウーピースリングをハンモックから抜いていきます
新しいウーピースリングをハンモックに通すことができました
後は、輪になっている部分に反対の紐を通します
太くて頑丈なウーピースリングに交換することができました
もう片方も同じようにすれば完成です

最後に

 いかがだったでしょうか(^^♪

 何回も使い込むと、ウーピースリングは意外に消耗する物だと分かりました。

 ツリーハンガー、ハンモックの中間に位置するロープなので、強い加重がかかる場所でもあります。

 その為、劣化も進みやすいのかも知れませんね。

 しかし、交換という簡単なメンテナンスを行うことで、まだまだ使えるハンモックにリペアすることができます。

 KAZUは、すでにDDハンモックを一張り持っていますが、このハンモックはストック用にもなるし、マンネリしやすいキャンプスタイルの中、気分によって「コヨーテブラウン」と「オリーブグリーン」の二色のDDハンモックを使い分けることができるようになりました(笑)

キャンプ道具はフリマが安い!

 フリマアプリを上手に使用することで、中古ですが安価にキャンプ道具を揃えることができます。

 フルセットで14,000円で購入しましたが、フロントラインのDDハンモック、スリーブ、ツリーハンガー、ウーピースリング、カラビナ、そして「ブランケット」が付属しています。

 普通に一式揃えると「30,000円」くらいするので、かなりお買い得でした(^^♪

 ブランケットについては、今年の冬キャンプに使用したいと思いますので、違う機会にご紹介したいと思います。

 最後まで読んで下さりありがとうございました。

DDハンモック用のブランケット、冬キャンプで使用する予定

DDハンモックの関連記事については下記をご参考下さい。

DDハンモックの事を知りたい方はこちらから

DDハンモックの張り方を知りたい方はこちらから

DDハンモックを使ったキャンプの様子はこちらから





 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました