キャンプの時の枕どうしてる?モンベル 「U.L. コンフォートシステムピロー」が軽くて快適な枕だった!

 どうもKAZUです(^^♪

 久しぶりにお勧めしたいキャンプ&登山の道具をご紹介したいと思います!

 それがモンベルの「U.L. コンフォートシステムピロー」というエアー枕です!

 キャンプや登山の時に愛用している枕になります(^^♪

モンベル「U.L. コンフォートシステムピロー」

 キャンプの時などに、寝袋は用意したけど「枕が無かった!」なんて事ありませんか?

 そのおかげで荷物を枕にしたり、家から枕を持ってきたり。。。

 そんな煩わしさを解決してくれるのが、この「U.L. コンフォートシステムピロー」になります。

 枕の仕組みは簡単で、以前紹介させて頂いた「WAQのインフレータブル式マット」に似ており、空気を注入して使用するアウトドア寝具になります(^^♪

コンパクトで設営も簡単なWAQのエアーマット

膨らむ仕組みは逆止弁付きバルブ

 特徴として、空気を入れやすい「逆止弁付きの空気注入バルブ」が備えられています。

逆止弁付きの空気注入バルブ
薄い弁が付いており逆流を防いでくれます
空気を抜く時は、先端を差し込むことで弁が開き、空気が抜ける仕組みとなっている。

 使い方ですが、たったこれだけです(笑)

 口で空気を注入するのですが、風船より簡単に膨らますことができます。

簡単に膨らみます。頭部がフィットしやすい構造になっているのもGOOD!

U.L.(ウルトラライト)なので軽い!

 そして、最大の特徴が「軽さ」です!

左が本体、右がピロー(枕)カバー
二つを合わせても重量は100gを切ります
100均に売っているメッシュの小物入れ
携帯しやすくなります

 登山や荷物が多くなりがちなキャンプの時など、収納しやすいのは嬉しいですよね。

 車中泊用にストックしておいても良いかも(笑)

ピロー(枕)カバーも付属

 また、「肌当たりの良い起毛地を使用したカバー」が付属しており、汚れたらカバーを洗濯することができるので衛生的です。

枕をしっかりと覆うことができます
触り心地も良い

 速乾性に優れた生地なので、旅先などで洗い直すこともできます。

使ってみました

 荷物の制限がシビアだと言われている登山泊の時に使ってみました。

他の道具と一緒にしても邪魔にならずに収納できます
エアーマットにエアー枕の組み合わせ
見えにくいですが、シュラフの下に使用しています(笑)

 エアーマット系の寝具ですが、エアーマットの空気の層が地面と体の間に挟み込まれるので、基本的に「床の底冷えがしにくい」と言われています。

 その為、オールシーズン快適に眠ることができます。

最後に

 いかがだったでしょうか?(^^♪

 コンパクトで軽量、洗い直しが行えるカバーも付属し使い勝手は抜群に良いです。

 自宅以外で横になる機会が多い方に、ぜひおすすめしたいエアー枕になります。

 また、空気の量を調整することで、枕の高さを変えることができるので、自分にあったポジションを作ることができます。KAZUは、固めが好きなので、パンパンに膨らませますけどね(笑)

 間違いなく、今年買って良かったキャンプ&登山道具にノミネートする道具だと思います(^^♪

 最後まで読んで下さってありがとうございます。ぜひおすすめですよー(^^♪

KAZUの寝具一式。NANGAシュラフ、エアーマット、サーモレストマット、そしてモンベルのエアー枕

※モンベル公式サイトからもご購入できます。

→モンベル公式サイト「U.L. コンフォートシステムピロー」


コメント

タイトルとURLをコピーしました