【No.04】婚活アプリで本当に出会えるのか!?36歳バツイチが婚活して見ました!!(^^♪「二回目の顔合わせ!!だんだん慣れてきた!?婚活事情!!」

自分のこと(自叙伝)

二回目の顔合わせ!!だんだん慣れてきた!?婚活事情!!

 どうもKAZUです(^^♪

 36歳バツイチが婚活アプリを利用してみたシリーズですが、前回は「登山で初めての顔合わせ」をした経過をご報告させて頂きました。

初の婚活アプリで異性に会いました(笑)

 そして今回も、二回目の顔合わせのご様子を、婚活の留意点などにも触れながらご紹介していきたいと思います。

共通の趣味はカメラ!!上野ファームで顔合わせ!!

 今回お会いする方は趣味がカメラで、同じ離婚歴のある女性の方でした。

 ここではKさんとします。

 Kさんは、趣味も経歴も似ており、マッチングした後もメッセージのやりとりを継続して行うことができました。

 フィーリングが合うとメッセージのやりとりも苦になりません(笑)

合うきっかけになったのはカメラ撮影!!

 最初は、カフェとかでお話しをするのも良いのかなー。っと、思っていたのですが、せっかくお互いカメラを趣味にしているということもあり、カメラ撮影&カフェというイベントを提案して、Kさんをお誘いして見ることにしました(^^♪

KAZUのお誘いメッセージ
相手のメッセージ

 ちょうど10月頃は上野ファームの庭園はハロウィンバージョンになっているので、そちらも紅葉散策と合わせて楽しむことができます(^^♪

やはり情報の引き出しは必要!

 前回の記事でご紹介した「趣味の引き出し」を増やすことで、お誘いの提案力を高めていけると話しましたが、やはりここでも「相手に対して有益な情報」をいかに提案できるか?そして、それをイベントにどのように組み込んでいくのかが重要だと感じました。

 アクセスが容易な「場所」と、「時期的なイベント」、そして「趣味(カメラ)」が加わり、紅葉散策&カメラ撮影というイベントが生まれました。

 そして、ハロウィンバージョンがプラスされて、より楽しむことができます(^^♪

 さらに、「この日」とイベントの日程を決めず、Kさんの都合に極力合わせる形で日程を決めていきます。

上野ファームについてはこちらから、

上野ファーム公式サイト

実際にお会いした感想

 実際にKさんにお会いした感想ですが、待ち合わせは10時を予定していました。※開園時間

 到着すると、Kさんはすでに到着していた様子でした。

上野ファーム正面

 Kさんも緊張した様子で、正面入り口にて「おはようございます。初めましてKAZUです。」と話しを掛け合います(笑)

ハロウィンバージョンでとても華やかでした(笑)

カフェ?散策?お相手に決めて貰いました

 タイムスケジュールは、「あえて」決めていなかったので、Kさんに「最初はカフェでお話ししますか?それともカメラ撮影しながら園内を散策しますか?」と声を掛けます。

 Kさんは、散策を希望されたので、そのまま園内を散策することに。

 相手の想いを確認することは重要ですよね。

上野ファーム園内

 歩きながら「この花は~」とか、Kさんと世間話を交えながら会話をしました。※花の種類はあまり知りません(笑)

 上野ファームは園内を一周できる作りになっており、奥に射的山という高台に登ることができます。

 事前にKさんとは射的山に登る話しをしていたので、そのまま園内を抜けて一緒に登ることに。

射的山に通じる道
射的山の頂上にはカラフルな椅子が並びます
可愛いお地蔵さんも(笑)

下り道のベンチに座って濃いお話(笑)

 下り坂、途中にあるベンチに腰掛けます。

 お話の内容ですが、お互い離婚歴があるので、一度経験したことのある「結婚生活」というものが、どの様な出来事なのか知っているので、余計な詮索はせず、色々な質問を最初からすることができました。

 例えば、離婚の原因や、結婚生活で苦労したこと。お金の管理や貯蓄、今の生活で臨んでいること。自分の譲れない価値観や、再婚によるパートナーへの願いなどなど。ちなみにKさんは子供が居るので、その子供のお話も深く掘り進めました(養子縁組など)。子供の自主性の話しなど。

 離婚したことがある者同士だから、分かり合えることも多くあります。

 KAZU自身、離婚の原因を他の人にお話しする機会は無いのですが、やっぱり「あの時は若かったなー。もう少し柔軟に物事を考えられたら。」と、自分にいたらない部分があったのも十分理解しているし、同じくKさんも相手だけが問題ではなく、お互いに「思いやり」に欠けていたことも離婚の一つの原因になっていると認識していました。

 そんな辛い事実を乗り越えた間柄だからこそ、会話をしていても気持ちよく同調することができましたね(^^♪

 そして、KAZUは離婚してから色々な考えに触れたことにより、一つの考えに行き着きました(笑)

 それは、お互いに分かりきれない部分は絶対にあるんだから、でも「思いやり」を持ってお互い接すれば、傷つけあうこともないよね?ということを過去の離婚で学びました(笑)

お互い水色が好きだと判明(笑)

マイノリティーな考えと思想の共有

 そして、Kさんはとてもマイノリティーな思想の考えをお持ちの方で、個人的に惹かれました(笑)

 内容は、あえて触れませんが、生きていく為に必要なことで、Kさんは「未来の為に本気で子供のことを考えている」という熱意が伝わりました。

 実は、KAZU自身も少しマニアックな思想を持っている方なので、こういったマイノリティーな考えを持っている方とお話しするのは貴重だし、フィーリングがとても合うと考えます(笑)

 ちなみにKAZUは、政治や社会問題に興味がある方です。保守でもリベラルでも無く、どちらかというとリベラル派の思想を持っているので、おそらくKさんもリベラル寄りの思想なんだろうなー。と、この時に感じ取ることができました(笑)

 さらに、結婚するということは、お互いの思想や考え方を同じ屋根の下で共有もしくは認め合っていくことが必要になる為、言い換えると、この時点で考え方の相性が合わないと、一緒に生活をしていても少し辛い結果になってしまうと個人的に考えます(笑)

 婚活において、相手の「思想の確認」はとても重要だとこの時に感じました(^^♪

ススキ。団子が食べたくなる(笑)

気付いたら6時間もずっとお話していました(笑)

 そして、、、。

 10時から16時まで、ずーーーとベンチに座りKさんとお話しをしていることに気が付きました(笑)

 Kさんも、「え?もうこんな時間なの?(笑)」と、驚いていました(笑)

 結局、Kさんとは初対面でしたが、時間の経過を忘れて楽しく会話することできました(^^♪

 園内のカフェに立ち寄ることも予定していましたが、「カフェには行かないでも良いね(笑)」と、笑いながら話したのでした。

会話に花が咲いた(笑)

もちろん連絡先を交換、次も会う約束を

 もちろんLINE交換をして、次回会う約束もしました(笑)

 Kさんも、「初対面とは思えないほど話しがしやすかった。」と、お話しをしてくれたので、、、正直嬉しかったです(^^♪

その後のLINEにて

最後に

 いかがだったでしょうか?(^^♪

 婚活、二回目の顔合わせでしたが、すごく会話も弾んでとても楽しかったです(笑)

 ちなみにKAZUは「お話好きです(笑)」

 面白いことは言えませんが、ユーモアは少しだけある方だと思っています(笑)

 そして、異性と会話することで重要なのが、相手の「同調と傾聴」

 これに尽きると思います。

 相手の話しを親身に聞く姿勢こそが、相手の心(フィールド)をより広げてくれると感じます。

 まだまだ、婚活は始まったばかりですが、Kさんとは二回目以降も繋がっていけそうな感じで、個人的に好印象な印象を受けました(^^♪

 Kさんとの二回目のイベントは買い物とかが面白そうだなー♪と、計画中(笑)

 最後まで読んで下さってありがとうございます。

プロフィール
この記事を書いた人
kazu

 北海道の道北エリアを拠点に活動しているカメラマン&自然が大好きなソロキャンパーです!好きな言葉は「道楽」です。

 主に、カメラやキャンプ、登山、バイク、パソコンなど、役立つブログを書いています!

 YouTubeでは、撮影地やキャンプ、登山、バイク動画を投稿しています!
 Twitter、Instagramのフォローも大歓迎です!

 お仕事や商用のご依頼は、各SNS、お問い合わせからご連絡下さい(^^♪

kazuをフォローする
自分のこと(自叙伝)
kazuをフォローする
Kazu Photo – 道楽 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました