雄武町「日の出岬キャンプ場」

雄武町「日の出岬キャンプ場」

初ソロキャンプデビュー!

”なまら”楽しかったー!

初ソロキャンプ記念(笑)

どうもkazuです(^^♪

ソロキャンプしてきましたー(笑)

”なまら”って方言は、

なまらとは、方言でたいそう、非常に、はなはだしく、とてもなどを表す語。 副詞。 新潟弁、北海道弁で使われる。

ニコニコ大百科より引用

という意味です(^^♪

そう!ソロキャンプ!

なまら楽しかったー(笑)

滝巡りで、興部町、雄武町、美深町を巡り、中継地点に選んだのが、この雄武町にある「日の出岬キャンプ場」

ざっと紹介します(^^♪

場所ですが、オホーツク海側、興部町と雄武町の間にあります。


日の出岬キャンプ場。フリーサイトやバンガローもあります。

キャンプ場向かいには受付場があります。そして海を展望することができます。

トイレも綺麗で高評価。

詳しい料金やチェックイン/アウトの時間などは、公式ホームページのリンクを貼っておきます(^^♪

雄武町「日の出岬キャンプ場」

芝も綺麗に刈ってあって良いフィールドです(^^♪

さっそく設営場所を決めます。

しかし、カメラを親しむ者として、

夜に「映える」写真を撮りたいので、

慎重に決めました(^^♪

この木が良い感じの構図を生みそうなのでここに決めた(笑)

家の中で練習したテント設営(笑)

ちゃっちゃっと設営しました(^^♪買ったペグも普通に使えましたね。

ロープで固定して終了(^^♪「もやい結び」を覚えました(笑)

ソロキャンプの良い所は「時間に縛られない、自由な時間。」

さっそく頂きます。

海を見ながらのビールは最高です。KP!!!

焚火も点けて(笑)キャンプの雰囲気が出てるぞー(笑)

奮発してステーキなんか焼いてみる。

ダイソーの300円の鉄板(笑)これが意外に良かった(笑)
上手に焼けました(^^♪めちゃ美味しかったです。

カメラあるあるで撮影なんかしてみたり。

そして、撮ってみた写真!キャンパーっぽい。

こんなことをしている内に酔いもまわり、早々にお風呂に行く事にしました。

このキャンプ場の裏には、抜け道の林道がありまして、

管理人の方からは

「まっすぐ行けばホテルに行けるよ(^^)/」

って教えて頂いたのですが、いざその林道に入ってみると。。。

いや。こえーよ(笑)街灯ないし(笑)

無事、到着です(^^♪

オホーツク温泉ホテル日の出岬です(^^♪

立派な建物で21:30まで温泉に入ることができます。

気持ちの良いお風呂で大満足でした。

風呂上がりの一杯。

ソロキャンプは本当に楽しいし、車中泊と違ってゆっくり休めます。

後日の滝巡りの為に、ゆっくり休めました(^^♪

ちなみに4時頃起きて、近くの岬で朝日も撮ったので、それは別の記事でご紹介いたします。

8時に朝食を食べてお片付け。

いざ滝巡りへ(●´ω`●)

読んで下さってありがとうございます。

虫もカラスも少なくて、本当に良いキャンプ場でした。







コメント

タイトルとURLをコピーしました