イチ押し!キャンプギア!

 どうもKazuです(^^♪

 年間数十回とキャンプしていますが、その中で「これはとても良いキャンプギアだ!」と思った品々をご紹介したいと思います。しかし、基本的にソロキャンプ目線のご紹介ですのご理解下さい(笑)

Kazuイチ押し!おすすめできるキャンプギア!

 選んだ理由で大事にしているポイントですが、

・耐久性
・使用頻度が高い
・コストパフォーマンスに優れている
・高価だけど買って良かったと感じた

テント・タープ

BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1TC「BDK-75TC」

 言わずと知れたBUNDOK(バンドック)のソロティピーです。「TC素材(ポリエステル65%・コットン35%)」、「インナー付属」、「前後開放」、「スカート付き」と遊び心のあるワンポールテントとなっております。しかも「薪ストーブ」もインストール可能で、オールシーズンに対応。二股化や設営ガイドの作成もできカスタマイズ可能!かなりおすすめできるテントになります。



tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)サーカスTC DX ダックグリーン

 有名過ぎて紹介することも無いのですが、最高のテントです。「冬キャンプ&薪ストーブをしたい。」という方にぜひおすすめできるテントとなっております。TC素材に簡単設営。早くこのテントを買っておけば良かったと後悔しました。それくらい良いテントです(^^♪



DD Hammocks DDタープ (4mx4m) 

 このDDタープは、ループが沢山付いていることでバリエーション豊かな張り方ができます。詳しくはレビューにも記載していますが、かなりおすすめです。ソロキャンプで使う大きさに4×4は大きいと感じるかも知れませんが、kazu的には実用性のある大きさで大満足です。



DD Hammocks DDハンモック(フロントライン)

 ハンモックの仕組みを理解すると、テントの設営よりハンモックの方が簡単に設営できます。しかも蚊帳が付いていることで夏場の虫問題も気になりません。また、DD Hammocksからは多種多様な「オプション」が用意されているので高評価となります。夏場はテント4:ハンモック6の割合で使い倒しているギアになります。



焚火、クッキング用品

モーラ・ナイフ(Mora knife)

 スウェーデン製のサバイバルナイフで、ステンレス製で錆びにくい特製を持ち、グリップ部もラバー素材なので汚れても「丸洗い」が可能と使いやすいナイフになります。常に一本持ち運ぶのであればこの「モーラ・ナイフ」がお勧めです(^^♪



ピコグリル風の焚火台

 こちらはピコグリル風の焚火台となります。長い薪をそのまま入れることができるので、こちらの焚火台も重宝しています。A4サイズで軽量なのでソロキャンプやツーリングなどにもおすすめできる焚火となっております(^^♪



BUNDOK(バンドック) 陣幕型の焚火リフレクター

 焚火をしている方におすすめできるギアです。焚火の前に設置することで、焚火の「風防」として使え、風による火の粉の舞い上がりを防止でき、70㎝の高さを生かして「目隠し」として活用することができます。さらに、少し寒い日などは、リフレクターの反射熱を利用することで足元が暖かいことも高評価です。使用する頻度も多く、評価が高いギアになります。



ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

 飯盒でご飯を炊いたり、スキレットで料理をしたり、お湯を沸かしたりと、万能に使うことができるストーブになります。市販のカセットガスを使用できるのも利便性に優れ高評価です。



LODGE(ロッジ) ダッチオーブン L1SP3 1QT

 鋳鉄製のダッチオーブンで、煮込み、焼き、蒸し、パン焼きなど、様々なキャンプ料理を楽しむことができる調理器具になります。シーズニングという作業を行うことで「半永久的に使用することができる」ので、長く愛用することができます。かなりおすすめのキャンプギアになります。



和平フレイズ ホットサンドメーカー AM-9867

 自宅でも兼用して使っているので重宝しています。なにより食パン、肉まんはもちろん、普通のフライパンとして使用できるのでかなりおすすめです。



G-stove(ジーストーブ) Heat View

 冬キャンプを行うのに必要な暖房機器といえば「薪ストーブ」です。その中でもこの「G-stove」は、錆びにくいステンレス製で耐久性も高く、オプション品も豊富な薪ストーブとなっています。もちろん高額ですが、その分に見合ったパフォーマンスを発揮してくれる一台となっております。



YETI(イエティ)Roadie24(ローディ24)

 定番ですが、最強保冷のクーラーボックス「YETI(イエティ)Roadie24(ローディ24)」を強くおすすめしたいです。食中毒の安全ボーダー温度と言われている「10℃以下」を長時間保つことができるクーラーボックスです。それまで、安物のクーラーボックスを使用していましたが、イエティを使うことで「食材を傷める」ことなく、安全にキャンプ場で調理が行えるので大満足です。機能性はもちろん「おしゃれな作りこみで耐久性も高い」ところもポイントが高いです。



寝袋・マッド・ベッド

Helinox(ヘリノックス) タクティカル コットコンバーチブル コヨーテ

 軽量で頑丈、細部の作りこみもしっかりしています。シートの張り具合は固めなので寝心地はすごく良いです。高額なキャンプギアですが、寝具にお金をかけたい人にぜひおすすめできるキャンプギアだと言えます。



テーブル・チェア

Moon Lence(ムーンレンス) アウトドアチェア

 「コスパ最強!」と思わせてくれるMoon Lence(ムーンレンス)のチェアになります。数えきれないほどキャンプで使いましたが、全然ガタも無く壊れる心配がありません。サイドポケットが付いており、携帯などの小物を収納できるのも良いですね。メインチェアにもサブチェアにもおすすめできるキャンプギアになります。



Moon Lence(ムーンレンス) 2wayタイプ(ロータイプ)

 上記でご紹介したMoon Lence(ムーンレンス)のロータイプチェアになります。背の低いテントとの相性が良く、テント内に入れやすく、背の低いテントの空間を上手に使うことができます。さらに、焚火の薪入れや、座りながらの調理など、腰をかがめず手の届く位置で作業を行うことができます。



ライト・ランタン

GENTOS(ジェントス) LEDランタン

 燃料系のランタンも良いですが、LEDランタンでおすすめしたいのが、このGENTOS(ジェントス)のLEDランタンになります。1000ルーメン(明るさの指数)と光量も多く、テント内を明るく照らすことができます。また、点灯モードは4種類あり、お好みのキャンプシーンに合わせて使用することができます。そして、最大の特徴は、カバーを外すことにより、底面にあるフックを用いて逆さにランタンを吊るすことができ、直下を明るく照らすことができます。



ベアボーンズ(Barebones) レイルロードランプLED

 とにかく「お洒落なLEDランタン」と言えばこれだと思います!燃料を必要としないUSBバッテリー式(バッテリーも交換可能)で長時間点灯が可能(Low:100時間)。個人的に水滴が付いたようなホヤの模様が素敵です。さらに、室内のインテリアとしても使えるので汎用性も高いLEDランタンになります。ミリタリー好きなキャンパーにおすすめしたい一台になります。



安全対策・サバイバル

DOD 一酸化炭素チェッカー CG1-559(最新版)

 中華製の一酸化炭素チェッカー(2,000円くらい)の反応が悪く、命を守る道具として優先的に考えた結果、日本製のセンサーを内蔵したものを購入することにしました。リアルタイムで数字が動きますのですごく反応が良いです。秋冬キャンプなどをするのであれば必須の道具と考えます。テント内で火器を使うご予定のある方は購入することをおすすめ致します(^^♪。※基本はテント内火気厳禁ですが。



プロフィール
この記事を書いた人
kazu

 北海道の道北エリアを拠点に活動しているカメラマン&自然が大好きなソロキャンパーです!好きな言葉は「道楽」です。

 主に、カメラやキャンプ、登山、バイク、パソコンなど、役立つブログを書いています!

 YouTubeでは、撮影地やキャンプ、登山、バイク動画を投稿しています!
 Twitter、Instagramのフォローも大歓迎です!

 お仕事や商用のご依頼は、各SNS、お問い合わせからご連絡下さい(^^♪

kazuをフォローする
kazuをフォローする
Kazu Photo – 道楽 –
タイトルとURLをコピーしました