冬キャンプ用の寝袋!Coleman(コールマン)のEXTREME WHEATHER MUMMY!品質は☆5つ!収納は☆1つ!(笑)。追記:-8℃で使ってみました。

寝袋

 どうもkazuです(^^♪

 冬キャンプをする中で「封筒型」の寝袋だと肩や首のあたりの隙間から冷気が入ってきて寒さを感じるので、冬キャンプを見据えて、体との密着度が高い本格的な「マミー型」の寝袋を使うことにしました(^^♪

Coleman(コールマン)のEXTREME WHEATHER MUMMY

 Coleman(コールマン)EXTREME WHEATHER MUMMY(コールマンエクストリームウェザーマミースリーピングバッグ)という寝袋です(^^♪

 色がかなり好みです(笑)

Amazonより画像引用

商品の概要

 商品の概要ですが、なんと言っても最適温度が「-18度以上」対応となっていること。Amazonとかで売っている中華製のシュラフとかも同じくらいの最適温度を謳っているけど、どうなんだろー。時間があれば比較記事も書いてみたいかな(笑)。

メーカーColeman(コールマン)
型番Model:2000012598
サイズ約208×81cm(大きめ)
重量2.63kg
材質ポリエステル
中身:化繊(化学繊維)
最適温度-18度以上
価格¥6,800(令和2年10月現在)

開封して見た。

 届いたので自宅で開封してみることにしました。

「うん?もう朝かい?」と言わんばかりの笑顔のお兄さん(笑)

箱ギリギリのサイズで寝袋が入っていました。

近くにあったswitchのコントローラーと比較して。

実際に寝袋を出してみた。

 収納袋から寝袋を出してみたいと思います。

中身がパンパンに詰まっている感じがします。

取り出してみました。

外側の生地は厚めのポリエステル、中身はダウンでは無く化繊(化学繊維)。

左側からの出入りになります。ファスナーもしっかりしている。

寝袋に入ってみた。

実際に寝袋に入ってみた。

 寝袋のサイズが208cm×81cm長さも幅もゆとりが有ってかなり良いですね。足元に小さい湯たんぽがスッポリ入りそうな空間があります。なにより厚みがありますので氷点下でも耐えられる寝袋だと感じました。

 また、首元には返しが付いておりコードを引っ張って絞ると、返しが肩や首元に密着し隙間風が入らないような仕組みになっているのも高評価ですね(^^♪

 しかし、、、

緊急事態発生!寝袋が収納袋に入らない!

 一通り商品の確認を行ったので、寝袋を収納袋に入れようとしたところ。。。

これ、どうやって入れるんだ?(笑)(笑)(笑)

 何度丸めても収納袋の入り口の大きさまで丸めることができず、物理的に収納袋に入れることができません(笑)。そういえば寝袋を取り出す時もギチギチに入っていたし、寝袋を取り出すのが少し大変だったなー。と思い出す。

 困ったなー(/ω\)。と考えていたところ。こんな言葉を思い出しました。

「キャンプは不便を楽しむもの。」と、

「収納袋に入らないという不便を楽しもう!」と考え、こんな物を用意しました!(kazuはちょーポジティブ思考なので(笑))。

荷造り用の「荷締めベルト」

 このベルトで強制的に丸めて収納しようと考えました(笑)

おりゃ!おりゃ!と気合を入れて締めあげます!(笑)

ちょっとずつ収納袋に入れることができました。

収納袋に全て入れることができました(^^♪やったー!

ムチムチでグラマーな寝袋だなー(笑)

 少し手間ではあるが、収納できることが分かったので一安心(^^♪良かったー。

冬キャンプで使ってみた。

 実際に北海道の11月初旬のキャンプで使用してみることにしました。この日の気温は、11℃と肌寒い気温。朝方には5℃近くまで下がっていた様子。

夕方で11℃だったので朝方はもう少し寒かった。

コットにマットを敷いて、その上に寝袋をセットしました。

厚い寝袋を使うので「冬キャンプ」している気持ちになります。首元の返しも良い。

ロゴスのコンパクト枕は本当におすすめ!小さく収納もできるし、かなり熟睡できます。

 長袖ヒートテック、ヒートテックタイツ(ももひき)で寝ました「かなり暖かい」です。寝汗をかく勢いで暑かったので、もう少し冷え込んでも大丈夫だと感じましたし、最適温度に近い性能を持っていると思います。首元や肩にかけても返しが付いているので、隙間から入る風を防いでくれるので夜中に起きることはありませんでした(^^♪

帰り支度。慣れると収納も余裕ですね(笑)

収納に難はあるが価格と品質は高評価。

 価格も6,800円と低価格で、この品質なら問題は無い。長さも幅も厚みもあってぬくぬく寝ることができた。ただ、一点問題があるのは「収納がしづらい」ことだが、この不便を楽しめるのであればお買い得な寝袋だと感じた(^^♪。冬キャンプはこいつと共に快適に過ごしていきたいと思った。

 最後まで読んで下さってありがとうございます。

追記情報:-8℃で使ってみました。

 外気温-8℃の12月の冬キャンプの際に、この寝袋を使用して見ましたが、快適に熟睡できました。肌着+フリース、湯たんぽ環境でした。体感ではもう少し寒くても大丈夫だと思いますので、-15℃でも十分使えると思います。

合わせて読みたい記事はこちらから

HELINOX(ヘリノックス)タクティカルコットコンバーチブル
WAQ(ワック)のインフレータブル式マット




コメント

タイトルとURLをコピーしました