おすすめ!北海道のキャンプ場!

 どうもkazuでーす(^^♪。

 年間数十回とキャンプ場へ遊びに行っていますが、特に「おすすめしたいキャンプ場」をご紹介したいと思います!また、北海道は広大ですので「4つのエリアに分けて」ご説明させて頂きます。

kazuが選ぶ!北海道のおすすめできるキャンプ場!

 北海道は「道北」「道東」「道央」「道南」と、4つのエリアに分けることができます。ちなみにkazuは「道北」に住んでいますが、道北エリアは特に降雪量が多く、厳冬期には-30℃を超える地域も見受けられます。毎日が試される大地状態です(笑)。

北海道ファンマガジン様より画像引用

 実は、キャンプ場が多いのが北海道の特徴で、現時点で分かっているだけでも道内のキャンプ場は「330ヵ所」と、かなり多くあります。ほとんどの市町村にキャンプ場がある状態と言えます。

 無料のキャンプ場も含めて、ガイドブックなどには載っていない「裏情報」なんかを交えて、おすすめのキャンプ場を紹介していきたいと思います。

 ちなみにソロキャンプが多い為、オートキャンプ(車を近くに駐車してテントを張るキャンプ)はあまり行っていません。「フリーサイト」を主にしたキャンプ場の紹介となりますのでご了承下さい。

道北エリアでおすすめできるキャンプ場

 まずは「道北エリア」のキャンプ場の紹介ですが、道北エリアは自然が豊かで、夏冬との温暖差が激しい地区になります。5月からのGWを過ぎたあたりからキャンプシーズンが始まり、11月にはほとんどのキャンプ場が営業を終了いたします。冬キャンプができるキャンプ場も何ヵ所かありますので、そちらもご紹介したいと思います。

士別市「つくも水郷公園キャンプ場」

 このキャンプ場の特徴は利用料金が「無料」で、近くに新しく整備された公園があります。夏には噴水が噴き出るアトラクションやゴーカート、ヨットなどもあって、ファミリーキャンプ向けのキャンプ場と言えます。また、炊事場が一ヵ所と、トイレが新旧二ヵ所あります。土日は、かなり混み合うことがありますが、平日だと比較的空いているとのことです。キャンプフィールドは芝が定期的に整備されていて、とても綺麗でした。雨天時の水はけはあまり良くない様子です。

士別市「焚火キャンプ場 士別ペコラ」

 同じ士別市にあるキャンプ場になります。こちらは利用料金は「有料」です。キャンプ場には、レストランやカフェなどが併設されており、キャンプ以外のことも楽しむことができます。冬期に営業しているキャンプ場では「日本最北のキャンプ場」になっています。プライベートサイトは林間の中にあり、雰囲気が良いです。ただ、少し割高な料金設定となっているのがネックです。

深川市「まあぶ オートキャンプ場」

 夏、冬と通年営業しているキャンプ場で、キャンプサイトの芝はとても綺麗に刈り取られています。フリーサイトの区画が狭いので、焚火をする場合は「二区画」利用しなければいけません。設備もとても綺麗で、炊事場には電子レンジが常備されています。時期にもよりますが、来場者の特典もあって良いキャンプ場でした。

道央エリアでおすすめできるキャンプ場

 「道央エリア」のキャンプ場の紹介ですが、道央エリアは都市部も近く、北海道の中でもキャンプ場が集中しているエリアになります。冬キャンプができるキャンプ場も多くありますので、そちらもご紹介したいと思います。

赤平市「エルム高原 家族旅行村」

 広大な土地の中にあるキャンプ場になります。夏と冬のキャンプが楽しめ、近くには温泉も併設されています。特におすすめできるのが、キャンプ場内の「ふれあいの森」エリアです。木々も多くキャンプにはうってつけの場所になります。

プロフィール
この記事を書いた人
kazu

 北海道の道北エリアを拠点に活動しているカメラマン&自然が大好きなソロキャンパーです!好きな言葉は「道楽」です。

 主に、カメラやキャンプ、登山、バイク、パソコンなど、役立つブログを書いています!

 YouTubeでは、撮影地やキャンプ、登山、バイク動画を投稿しています!
 Twitter、Instagramのフォローも大歓迎です!

 お仕事や商用のご依頼は、各SNS、お問い合わせからご連絡下さい(^^♪

kazuをフォローする
kazuをフォローする
Kazu Photo – 道楽 –
タイトルとURLをコピーしました