北海道の冬キャンプ!赤平市「エルム高原 家族旅行村」に行ってきました。雪舞うキャンプ場は幻想的で素敵でした!

KazuPhoto動画

 どうもkazuでーす(^^♪

 北海道で冬キャンプができるキャンプ場の紹介です!前回は道北エリアにある深川市の「まあぶ オートキャンプ場」へ行きましたが、今回は道央エリアにある赤平市「エルム高原 家族旅行村」に出向いて冬キャンプを楽しんで来ましたよー(^^♪

「エルム高原 家族旅行村」キャンプ場について

コロナ流行に伴う各規制もあり、紹介している営業内容及びキャンプ場の情報が異なる場合もありますので、事前に現地キャンプ場への問い合わせをお願い致します。

基本情報

キャンプ場所在地

北海道赤平市幌岡町377番地1

利用料金

区分単位金額備考
キャンプ利用(1泊)1人(小学生以上)520円※幼児無料

その他に、テントや焚火台などのレンタルもあります。

営業期間

通年営業(問い合わせ推奨)

※11月中旬~(冬キャンプ期間) フリーサイト可能

問い合わせ先

公式サイト エルム高原 家族旅行村
TEL 0125-32-6160(直通)(予約無し)

キャンプ場設備

受付場所

 受付場所についてですが、冬期間は「ゆったり温泉」で受け付けが可能となっております。

ゆったり温泉の窓口で受け付けが可能だった。

秋にかけて熊の目撃情報もあった様子。

冬期間で使用可能なキャンプサイトと設備場所

 冬期間は使える設備が縮小されていますので、マップを見ながら確認をしておくと良いと思います。右上に受付の「ゆったり温泉」があり、山荘を抜けて下に降りていくと「ふれあいの森」があります。そして、道なりに進んでいくと、トイレ、炊事場と続きます。冬期間はこの管理棟のトイレとすぐ横にある炊事場しか使えません。テントサイトによっては炊事場が遠くなる可能性がありますのでご注意を。

炊事場

管理棟(トイレ)の横にある炊事場は小屋の中にあります。

広いキッチンでした。

炊事場の横には「炭捨て場」もありました。

トイレ

管理棟

トイレは比較的綺麗でした。

洋式もありました。

その他

 その他に、シャワーとコインランドリーは無いですが、温泉施設の「ゆったり温泉」で入浴できますので、寒い冬キャンプではとても重宝しそうな設備ですね。夜10時まで入浴が可能とのことです。キャンプ利用者には割引が適用されます。

キャンプ利用者には「10%割引」が適用されます。

 キャンプ場の近くには「ローソン」や、高速滝川ICを降りてすぐ近くには「イオン」も有ります。買い物をしてからキャンプ場に行く事もできます。

滝川イオン

実際に泊まってみた

 今回は、炊事場とトイレからやや遠い「ふれあいの森」サイトにテントを張ることにしました。

設営準備

 木々が多くあり、森の中という雰囲気のキャンプサイトで良かったです。雪が積もっていると平地なのか判断するのは難しいです。

スコップで雪をどけて平地作りから

運搬にはソリが大活躍でした。

今回もサーカスTCDXを張ります。

今回は「お座敷スタイル」に挑戦!

足を伸ばせるのは良いですよねー。

キャンプの様子

薪ストーブで初パエリアを作りました。

とても海鮮のダシが浸み込み美味しかったです。

酒のつまみも用意して(笑)

ガス缶は冷えると気化しないので、燃料系のストーブのマナスルが大活躍。

飲み物は外で冷やせるのでクーラーボックスはいらないですね。

寒い夜、雪とテントはとても綺麗でした。

歩く度に雪が「ギュッ、ギュっ」と鳴きます。

冬の焚火はそんなに暖かくないので、防寒をしっかりした方が良いですね。

就寝前は-2.2℃、湯たんぽの登場です。

朝は冷え込み気温は-8℃

朝から粉雪が舞い、とても幻想的でした。

玉ぼけを狙って一枚。

サーカスTCDXと玉ボケ。

最後に。

 最後に、ふれあいの森付近のサイトは、炊事場とトイレが遠いです。管理棟(トイレ)の近くにもサイトはありますので、炊事場とトイレが近い管理棟横のサイトもおすすめだと思います。

 全体的にキャンプサイトが広めなので、隣人との距離を保ちながら設営できるのも良いと思います。

 そして、冬キャンプの良い所は「虫がいないこと」と「飲み物を冷やすクーラーボックスがいらない」ということも考えられます。荷物は多めになってしまいますが。。。

 ぜひ、楽しい冬キャンプを満喫してください(^^♪

キャンプ時の様子はYouTube動画でも公開中です。

【-8℃の冬キャンプ】北海道赤平市のキャンプ場へ行ってきました!サーカスTCDX、ソロベース、大炎幕に薪ストーブを入れてみた!

 最後まで読んで下さってありがとうございます。

キャンプで使用したキャンプギアのレビューはこちらから。

秋冬用に用意した新しいテント。サーカスTCDX。広くて快適です。
薪ストーブと言えば「G-stove」
トヨトミ石油ストーブ。ギアミッションシリーズ。
燃料系のストーブといえば「マナスル」
一酸化炭素チェッカーで安全な冬キャンプを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました