ユニフレーム「山ケトル 700」を使ってみました!注ぎ口を追加することで美味しいコーヒーが飲めるように!

コーヒーミル

 どうもKAZUです(^^♪

 寒くなってきましたねー。

 秋キャンプから冬キャンプへ移り変わる時期でもあります。

 寒い時期といえば「コーヒー」ですよね。

 以前、ポーレックスのコーヒーミルⅡ ミニのご紹介をさせて頂きましたが、コーヒーを落とす際のケトルをまだ持っていなかったので、ユニフレームから発売されている「山ケトル 700」を購入することにしました!

ポーレックス製の高品質のコーヒーミル

 さらに、山ケトルに合う真鍮製の注ぎ口を追加することで、細いお湯を維持したまま落とすことができるようになり、自宅で淹れるような美味しいコーヒーをキャンプでも飲めるようになります(^^♪

 そんな、ユニフレームの山ケトル 700と真鍮製の注ぎ口についてご紹介していきたいと思います。



 この記事では、ユニフレームより発売されている「山ケトル 700」の特徴と、美味しいコーヒーの淹れ方、実際に真鍮製の注ぎ口を使用した感想をご紹介しております。

ユニフレーム「山ケトル 700」

なぜケトルが必要なのか?

 KAZUは、キャンプでお湯を沸かす時、今までだったらクッカーでお湯を沸かしていることが多く、ケトルを使う機会がありませんでした。

 しかし、最近では、自分でコーヒー豆を挽いてお湯を注ぎコーヒーを飲むようになりました。

 その際にフィルターへ注ぐお湯の量がなかなか安定せず、「味が薄くなったり」「苦味が出たり」することが多くありました。

 コーヒーのことを調べていくと、一定の量で細いお湯を注いでいくことが、「美味しいコーヒー」を作るポイントになると知りました。

 そこで、山ケトルの特徴と、美味しいコーヒーの作り方についてご紹介していきたいと思います。

ユニフレーム「山ケトル 700」を選んだ理由と特徴

 ユニフレームの「山ケトル 700」ですが、このケトルを選んだのには理由があります。

「取っ手に樹脂製のグリップが付いていない」

 KAZUは、焚火をしながら直火でケトルを使うので、樹脂製の物が付いていると、焚火の熱で溶けてしまう可能性があり、樹脂製のグリップが付いていない山ケトルをあえて選択しました。

「容量が1リットル以下の軽量のケトル」

 ケトルの用途ですが、コーヒー1~2名分のお湯を沸かせる量があれば良いと考えています。

 山ケトル 700の容量は0.7リットルなので、ソロキャンプには丁度良い大きさといえるでしょう。

「山ケトル 700」を開封してみました

 実際に届いたので開封していきたいと思います。

Made In JAPAN ユニフレーム「山ケトル 700」
蓋にUNIFLAMEの刻印※個人的にさりげない感じが好印象
底面
取っ手には、凹凸が付いていて握りやすい
ソロキャンプの雰囲気にマッチするケトルですね

 メーカーロゴは蓋に刻印されており、前面に押し出さない雰囲気は個人的に好印象です。なんといっても「Made In JAPAN」なので、作り込みが非常に良いという印象を受けました。

「山ケトル 700」のサイズ

サイズ収納時:約φ147×71mm
材質本体・フタ:アルミニウム・アルマイト加工
ハンドル:ステンレス鋼
ツマミ(蓋):フェノール樹脂
重量約163g
満水容量約0.7L
適正容量約0.6L
付属品収納ケース
「山ケトル 700」のサイズ

注ぎ口を使用することでドリップ対応に!

 さらに、別売りの注ぎ口を取り付けることにより、コーヒードリップ仕様になります。

真鍮製の注ぎ口。メルカリで購入
直径約10〜13ミリの注ぎ口に対応
細いお湯を注ぐことが可能
山ケトル 700に取り付けてみたがピッタリとおさまります

 この注ぎ口ですが、メルカリのUsakko様という出品者の方から購入した物になります。

 真鍮製なので、経年劣化による色の変化などを楽しむことができます。

 →メルカリ(Usakko様)のページはこちらから

美味しいドリップコーヒーの淹れ方

 少し脱線してしまいますが、美味しいコーヒーの淹れ方についてご紹介していきたいと思います。

コーヒードリップの準備

コーヒー豆の量とお湯の量

 コーヒー一杯分は約140ccと言われており、コーヒー豆は10g~14gが一人前になります。

 そして、コーヒードリップにおすすめな挽き具合は「中細挽き」になります。

 KAZUが使用しているポーレックスのコーヒミルⅡ ミニだと一回で20gのコーヒー豆を一度で挽くことができます。

 詳しい「挽き具合」については、コーヒーミルⅡ ミニの紹介ページでご説明しておりますので、ご興味のある方はご参照下さい。

挽き具合の設定もご紹介しております
お湯の温度

 お湯作りですが、新しいお水で沸騰させ、表面のボコボコとした泡が鎮まったときが「抽出に理想的な温度(95℃前後)」と言われています。

コーヒーを蒸らす

 まず、フィルターにコーヒー豆を平らに均しておきます。

 ここで重要なポイントが「蒸らし」になります。

 美味しいコーヒーを作る際には、この蒸らし作業を行う必要があります。

 蒸らした際に、コーヒーが膨らむと思いますが、これはコーヒーに含まれるガスが放出され起きる現象であり、このガスを抜くことで、コーヒーとお湯がなじみやすくなります。

 つまり、「蒸らしは、コーヒーのおいしい成分を十分に引き出すための大切な工程」と言えるのです。

 蒸らしの作業については、中心からお湯を20cc注いで「20秒」と言われています。

お湯を注いで抽出する(一杯分)

 ここからが技術を要する工程になります。

「の」の字の90℃

 注ぎ口から出た細いお湯をコーヒー豆の中心に、小さな「の」の字を描くように、お湯を80cc→40cc→20ccと徐々に少なくし、3回に分けて優しく注ぎます。

 真っ直ぐお湯を落とす為、注ぎ口から90℃の角度を意識します。

 そして、湯が1/3程度減ったら次のお湯を注ぐようにします。

 注意として、KAZUもよくやっていたのですが、フィルターの「壁面」から全ての豆にお湯が当たるように注いでいましたが、これは実は間違いです。均一に抽出することができません。

入れる量と出る量を同じにする

 最終的には、「注ぐお湯の量」と「落ちるコーヒーの量」が同じになるように意識して注いでくことが「美味しいコーヒーを作る最大のポイント」になります。

 これ、本当に味や風味が変わるので驚きますよ(笑)

実際に使用してみました

 実際に、野外活動の後にコーヒーセットを持参してコーヒーを淹れてきました。

北見市の本沢牧場で撮影を終えた後、コーヒーを頂きます
KAZUのコーヒーセット(笑)
コーヒーミルでコーヒーを挽きます
お湯を沸かします
ケトルからお湯をゆっくり注ぎます
下手くそですがお湯を注いでいます(笑)
完成!
最高の朝日と挽きたてのコーヒーを頂き幸せでした

最後に

 いかがだったでしょうか?

 山ケトルと専用の注ぎ口を使うことで、野外でも本格的な挽きたてのコーヒーを淹れることができました(^^♪

 大自然の空気を吸いながらコーヒーを飲むことができて、本当に幸せな気分で一日をスタートすることができました。

 山ケトルもコーヒーミルも携帯性に優れているので、どこでも持ち運ぶことができますね(^^♪

別日のキャンプでもケトルを使用しました

 キャンプはもちろん登山、カメラ撮影後の一服など、様々なシーンでコーヒーを飲めるようになったので大満足です。

 最後まで読んで下さってありがとうございます。

YouTubeで、キャンプの様子を公開中!

【4K】私有地をお借りして秋の野営キャンプ!BUNDOK(バンドック)ソロティピー1TCで秋キャンプを満喫してきました!【グルキャン&野営スタイル】
山ケトルでお湯を沸かしてコーヒーを落とす場面も

 もし宜しければ「高評価」「チャンネル登録」を宜しくお願いします(^^♪



コメント

タイトルとURLをコピーしました