流行りのワンポールテント!BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1TC「BDK-75TC」で最高のソロキャンプを!※追記情報あり

キャンプギア

 どうもkazuでーす(^^♪

 今、流行りのワンポールテント、BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1TC「BDK-75TC」を手に入れましたー。このワンポールテントは、チョーが付くほど人気商品で、今年発売されたのですが、即売り切れ状態となり、長い間「入荷待ち」の状態が続いていた商品になります。

 ふと、Amazonの販売ページを回覧していると、「在庫有り」表記になっていたので、おもわず「ポチッ」と購入ボタンを押してしまいました(笑)

BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1TC「BDK-75TC」

 まず、BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1TC「BDK-75TC」の仕様を紹介したいと思います。

BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1TC「BDK-75TC」仕様。

Amazonより画像を引用
テントの名称BUNDOK(バンドック)のソロティピー1TC「BDK-75TC」
ブランドBUNDOK
カラーカーキ ※新色でサンドカラーあり
サイズフライシートサイズ:(約)W240cm × D240cm × H150cm
インナーテントサイズ:W220cm x D100cm x H135cm
収納時:(約)W44xD24xH24
重量(付属品含む)(約)4.8kg
収容可能人数1人
材質フライ:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%))
インナー:ポリエステルメッシュ
ポール:アルミ合金φ16mm
セット内容フライシート x 1
インナーテント x 1
コンプレッションベルト付収納ケース × 1
メインポール x 1
サブポール ×1
ロープ ×5本
ペグ ×14本
価格24,800円(送料&税込み)

 240cm×240cm(4.5畳)の広さがあるワンポールテントにサイドフラップができて、生地がTC素材、スカート、インナーテント付属と、かなり豪華なスペックですよね(笑)

 さっそくレビューしたいのですが、悪天候が続いていて、快晴のフィールドでテントを張ることができず。。。自宅前にて設営してみたいと思いますね(^^♪しかも、夜なので見え辛いとこもありますが、ご了承願います(笑)



BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1TC「BDK-75TC」開封の義。

段ボールから取り出すと、ビニール袋に入っています。

少し大きめの寝袋のサイズといったところでしょうか?重さは4.8kgと少し重量感があります。

収納袋のコンプレッションベルトの作りが気になる。

 そして、気になった点がありました。この収納袋の側面の絞り金具の紐(コンプレッションベルト)ですが、返しの向きが逆に縫い付けてあるんですよね。こういったクオリティーは少し低いのかな

内側に縫い付けてある。

片方は外側に縫い付けてある。

 通常使用において、収納袋を締め付けるのに問題は無いので、返品せずにそのまま使用することにします(あまり気にしないタイプですので)。

中身を確認してみる。

ガバッっと大きく開きます。

縫われてはいるけど、ホツレもあって作りはすこし甘い。

中身はこんな感じ。

 一式揃っていることを確認し、フライシートの「TC素材」を触ってみたところ、少し生地が厚い秋冬に着るジャケットという質感でした。しかも、頑丈な作りなので長く使えそう。

 ちなみにTC素材とは、通気性・吸水性に優れ肌触りがよく静電気も発生しにくいコットン(綿)に、しわになりにくく乾きが早いテトロン(ポリエステル)を組み合わせたコットン混紡生地のことです

 TC素材の素材比率はポリエステル65%・コットン35%となっており、通気性も良く吸水性も保たれていることが分かります。 インナーの材質はポリエステルメッシュ。ポールはアルミ合金φ16mmと少し細いかな。それと、付属品でペグ×14本と、ロープ×5本、コンプレッションベルト付収納ケース×1となっています。

設営してみた(自宅にて)。

 それでは実際にテントを組み立ててみます。以前購入したコールマンのテントの時もそうですが、まずリビングに張ってみることにしました(笑)。

先人はまず「テントを家の中で設営しなさい。」と言います(本当かよ)。

(笑)そりゃそうだよね。力の抜け切ったテント。

設営してみた(自宅外にて)。

 気を取り直して(笑)

あらためて自宅前に張ってみる。

コットを入れてみる。

インナーテントを入れてみる(後ろ側開放)

インナーにコットはぴったり入ります。

感想は?

 設営して実際にコットを入れてみた感想ですが、テント自体の大きさは、240cm×240cm×なので、ソロだと十分に広いですね。天井が150cmと身長が高い人は少し窮屈かも。Helinoxのコット(高16cm×幅190cm×奥行68cm)を設置すると、前方に240cm×170cm程度の空間が残ります。

 ソロキャンプ用にと購入して、TC素材、インナー、前後開放、サイドフラップ、スカート付きと、遊び心あるワンポールテントでは無いでしょうか?カスタマイズもできそうなので、使ってみた感想を今後投稿していきたいと思っております。

 これは人気が出て当たり前のテントだなって言うのが正直な感想です。

※追記情報① 昼間の初張画像の追加です。

 別日に張り直したので掲載させて頂きます。前室をオープンにすることでタープ代わりになりますので、極力荷物を少なくしたい方にはお勧めできるテントだと思います。

別日ですが、初張りした様子です。グランドシートは240×220を使用。ジャストです。

前室の開放が広いのでタープがいらないですね。

ソロキャンプにおすすめできるテントです。

少し風が強く膨れていますが(笑)

※追記情報② tent-Mark(テントマーク)の「サーカスTC(DX)」のレビューはこちらから。

 秋冬用に「テンマクのサーカスTCDX」を手に入れました。薪ストーブも余裕で入る大きさなので気になる方の参考になれば幸いです。

同じワンポールテントですが大きさや使い勝手は全然違います。

※追記情報③ WAQ Alpha T/Cと比較してみました。

 令和2年11月発売の「WAQ Alpha T/C」とソロティピー1TCが似ているので比較し記事にしてみました。

※追記情報④ WAQ(ワック) Alpha T/Cと、tent-Mark(テントマーク)のサーカスTC(DX)を比較してみました。

 このテントでは無いですが「Alpha T/C」と、tent-Mark(テントマーク)の「サーカスTC(DX)」を「ソロキャンプ目線」で比較してみました。

比較記事はこちらから。

※追記情報⑤ 過去記事ですが、カスタマイズした内容になります。

※追記情報⑥ソロティピー1TC+DDタープ+薪ストーブで冬キャンプに挑戦しました!

設営方法など詳しく解説しています。

最後まで読んで下さってありがとうございます。



※サンドベージュ新色登場(R2.11月上旬発売)。現在は楽天ショップのみ取り扱いとなっております。



コメント

タイトルとURLをコピーしました