初ソロキャンプ!キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)の焚火台!を使ってみた!

キャンプギア

 どうもkazuです(^^♪

 初ソロキャンプに向けて準備を進めている中、軽量でコンパクトな焚火台を探していました。キャンプブームもあって色々な焚火台が各メーカーより販売されており、非常に悩みましたがある焚火台を選んで見ましたので、初心者目線でレビューしていきたいと思います。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)の焚火台

 本当にキャンプを初めて行うと「何を揃えたら良いのか分からない。」状況になります。テントを買ったらタープ、チェア、マット、、、、。永遠に続くキャンプ沼(笑)。

 そんな中、初めての焚火台として「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)の焚火台」をチョイスして見ました(^^♪。CAPTAINSTAGは有名なアウトドアメーカーで、ホームセンターのキャンプコーナーで良く見かけますよね。

開封してみる。

 それでは開封してみたいと思います。

 まず、パッケージが小さくて驚きです!B6サイズに納まるのでコンパクトな焚火台だ。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキューコンロ 焚火台。B6サイズ。

箱の裏面に組み立て方の説明が記載されています。

ばらすとこんな感じ。収納袋も付属されており、コンパクトに収納できます。

裏の取り扱い説明書を見ながら組み立ててみる。

ダイソーの300円の鉄板(笑)

 組み立てた感想は「めちゃくちゃ簡単」(笑)。しかも小さくて少し可愛い(笑)。オールステンレスなので錆びにも強く、汚れたら丸ごと洗えるのも良いですね(^^♪。

さっそくキャンプに行くことがあったので使ってみた。

 さっそくキャンプに行く事が何回かあったので使ってみました。

こんな感じでオシャレに焚火ができますよ(^^♪

ぎりぎりブロック肉も焼く事ができました。

短い薪なら三本くらい入りますね。

飯盒で米を炊く事もできました。

オプションでマルチパネルも用意されています。

こんな感じて焼けた食べ物を予熱しておくこともできます。焦げすぎ(笑)。

使ってみた感想。

 キャンプで使ってみた感想ですが、B6サイズとコンパクトに納まっており、すぐ組み立てられるのはかなり良いですね。また「固形燃料」の五徳としても使用できるので、用途の幅は広いと感じます。別売りの「マルチパネル」については、正面の他にサイドにも取り付けることができ、正面に取り付けた際には「長い薪」を焚火台に入れることができるので長時間の焚火が可能です。

 正直な感想。車の移動でキャンプをするのであれば「もう少し大きい焚火台」でも良いのかなーっと思いますが、上記で触れた通り五徳にも使えますので、サブ的な焚火台として常備しておくのが良いかも知れませんね。

 ソロキャンプにぜひおすすめできる焚火台でした(^^♪

 最後まで読んで下さってありがとうございます。

※追記情報:違う焚火台を手に入れました。

 少し大きめの焚火台「North Eagle(ノースイーグル) 焚き火台S NE1438」と「ピコグリル風の長い薪でも焚火ができるコンパクトな焚火台」のレビューです。ぜひご参考にどうぞ(^^♪

少し大きめの焚火台。ソロキャンプにおすすめ!
ピコグリル風の焚火台!長い薪で焚火をすることができます。




コメント

タイトルとURLをコピーしました