ミリタリー好き必見!ソロキャンプ用にAstageの収納ボックスを使ってみました!

収納ボックス

 どうもkazuでーす(^^♪


 ソロキャンプ用に良い収納ボックスが無いか調べていたところ、気になる「収納ボックス」があったのでご紹介したいと思います(^^♪

 いきなりですが、kazuのキャンプのテーマ色は、「カーキ」「ブラウン」「ブラック」です。

 ミリタリー配色を好みます。

 そして、この収納ボックスの色は、なんと!蓋が「カーキ」、箱は「ブラック」と、

 KAZUの心を打ちぬく様な好みの配色となっていたのです(笑)

Astage(アステージ) の収納ボックス。

「Xシリーズ シールドボックスシャット 500X」

 もう名前がカッコいいですよね(笑)

 「シールドボックスシャット!」って

 全てを守ってくれそうなネーミングです(^^♪

 サイズの展開は、「Xシリーズ」と呼ばれるものは「400」「500」「600」「800」「1000」と規格サイズがあり、今回は「取っ手付き」である「500サイズ」を購入。

幅51.8×奥行36×高さ34.5cm 。ごつごつして、ミリタリー感が出てて、個人的に大好きな色合いです(笑)
蓋を開けると仕切りがあり、蓋にはスポンジのパッキンが付いていて、密閉性もかなりあります。

 また上部の仕切りには「仕切り板」が付いており、約1㎝間隔で自由にスペースを分けることができます。

仕切りを取ると、十分な収納スペースがあります。
こちらにはクッカーなどの「調理器具」を収納することにしました。

 飯盒やクッカー、SOTOのガスバーナー、CAPTAINSTAGの焚火台など、調理器具を全て収納することができました。

 仕切りスペースには、使用頻度の高い道具をすぐ取り出せるように、ガストーチやナイフなど入れておくと便利です。



「Xシリーズ パーツストッカー PS-400X」

 Xシリーズの中で、変わった雰囲気の収納ボックスとなります。

 薄型の「パーツストッカー」になります。

幅40.5×奥行29×高さ7.8cm、工具として使うなら釘やネジとかを入れるツールボックスです。4
15枚の仕切り板は取り外すことができ、自由にスペースの配分を作ることができます。
こちらは、トングや箸などの調理器具を収納しています。手前が余っている。どうしよう。


「Xシリーズ 収納ボックス NT Box 13X」

 最後に紹介するのは、こちらの収納ボックスです。

 形状はですが、ホームセンターで売っているようなボックスですね(笑)。

 他のボックスよりお値段が安かったので購入してみました。

幅29.5×D奥行44.3×高さ15.9cm。特に変わりのない収納ボックス(笑)
なぜか縦撮り(笑)

 こちらの収納ボックスには、米や乾燥麺などの保存食を入れることにしました。

 食料を沢山収納できたので、1週間くらいは連泊できそうですね(笑)



この収納ボックス達の最大の特徴

 「なぜ、この収納ボックスを買ったのか?」

 実は、この収納ボックスの蓋&裏接地の外形は、同規格に沿って作られています。

 例えば「500」シリーズに「PS-400X」や「13X」、ここでは紹介していない「25X」などのボックス同士を「積み重ねることが可能となっています。※スタッキングと呼びます。

3つとも綺麗に重ねることができる。

最後に

 ボックス同士がガッチリ密着しているので、多少の動きがあっても、ボックスがずれ落ちる心配はありません。

 「安定した積み重ねができる特徴」と、「自分のテーマ色に合っている配色」が、今回の購入するきっかけとなりました(^^♪

 あと、お値段も比較的安価ですし、ラベルも簡単に外すことができ、無印メーカーっぽい「ミリタリーで無骨な印象を与える」こともできるのでは?(笑)

 色々と収納もできるし、かなりおすすめです。

 kazuは、このシリーズで揃えていこうかなー。と考えております。

 最後まで読んで下さってありがとうございます。






コメント

タイトルとURLをコピーしました