BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1TC「BDK-75TC」のカスタマイズ②正面入り口留め具/開閉の棒を追加したら幸せになれた。※追記情報あり

キャンプギア

どうもkazuでーす(^^♪

 

 BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1TC「BDK-75TC」を購入してから、色々とカスタマイズをしているのですが、初めてテントを張った時に「こーなってれば良いのになー。」と思ったことがありました。


正面入り口の留め具について。

 BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1TC「BDK-75TC」の正面入り口は、特殊な形状をしており、ポールを持ちいることでタープ変わりになります。

左右のファスナーを組み合わせると尖った形状のタープになります。

 

少しわかり辛い写真ですが。

 改善点は、タープを使わないフルクローズの時に、巻き上げ用の輪っこがフロントファスナーの外側にあるため、フルクローズにすると留め具に巻き付けることができず、幕内にだらーん。となってしまいます。テントから出入りするときに、いちいち留め具を外さないと開閉できないことになります。

※追記情報:仕様変更で留め具がファスナーの内側に変更されており、この問題は解決されています(^^♪さすがバンドックさん。

こんな感じで、左幕をクルクル収納すると、輪っこがファスナーの上にきてしまうので閉めることができません。

留め具(輪っこ)を追加しよう。

 そこでダイソーで布地を買ってきて、ミシンで留め具(輪っこ)を追加することにしました。

ダイソーに売っていたカーキ色の布地(1mくらい)。

半分に折りたたみ縫い合わせます。

最初から付いている輪っこは、ファスナーの上に付いているので、開閉時に邪魔になります。

ファスナーの裏地に取り付けます。返しも加え頑丈に取り付けました。

くるくると巻き付けて留め具に固定。これで開閉時にいちいち巻き付けを外さなくても良くなりました。

 

ファスナーの開閉がやり辛い。4推のワナ。

 もうひとつの問題点として、このワンポールテントは4推の形で、ファスナーの開閉がすごくやり辛いのです。テント内から開ける時には、思いっきり腕を伸ばさないと、ファスナーに手が届かないのです。

こんな「棒」を作ってみたよ。

こんな棒を作ってみました。

材料は40センチ程度の棒、丸形のフック(ネジ式)、カラビナ、洗濯ばさみです。

ファスナー側に、丸型フックとカラビナを。

そして、反対側に丸形フック、カラビナ、洗濯ばさみを。

 材料は100均なんかで揃うと思いますので、低価格で作ることができます。

実際に使ってみた感想。

初張りの時に使用してみました。

オープンの時は、洗濯はさみで固定しておけば邪魔になりません。

 実際に使ってみた感想ですが、ファスナーは前後2つあります。両ファスナーにカラビナを取り付けることで、開閉が行えるようになります。テント内から手を伸ばす必要もなく、ぐっと上下に力を入れることにより、スムーズにファスナーを開閉することができました。

 こういったカスタマイズをすることで、どんどん愛着がわいてきます。

※追記情報 ソロティピー1TC+DDタープ+薪ストーブで冬キャンプに挑戦しました!

設営方法など詳しく解説しています。

最後まで読んで下さってありがとうございます。



※サンドベージュ新色登場(R2.11月上旬発売)。現在は楽天ショップのみ取り扱いとなっております。


コメント

タイトルとURLをコピーしました