長い薪も燃やせる!新しい焚火台!ピコグリル?そんな高いのは買えませーん。

ウインドスクリーン

どうもkazuです(^^♪

 今回は新しい焚火台を手に入れましたので、レビューしたいと思います。焚火台はこれで3台目となります(笑)。

初めて手に入れた焚火台は、

もう少し大きい焚火台が欲しくなり手に入れた焚火台は、

 どちらもソロキャンプに向いている良い焚火台ですが「長い薪を燃やしたい。」と思い、この焚火台を手にすることにしました。

メルカリで購入した焚火台

 長い薪を燃やすことができ軽量でコンパクトのピコグリルの焚火台が欲しかったのですが、売り切れていてたので、メルカリで「ピコグリル風の焚火台」を購入しました!(笑)

 噂では「ピコグリルとあまり変わらない。」と評判の焚火台だそうです。本当かなー。それでは開封してレビューをしていきたいと思います。

ピコグリル風?焚火台?

 自宅に届いたので、開封してみたいと思います(^^♪。

A4サイズです。

とても軽量で軽いです。

組み立てはとても簡単です。

クッカーや大きめの肉なんかはそのまま焼けますね。

 とにかく「軽い」しかも組み立てが簡単!これはソロキャンプで人気が出るのも頷けます(笑)。

焼き網がフィットできるように加工して取り付けてみる。

 kazuは焼肉が大好きなので「焼き網」を良く使います。この「ピコグリル風の焚火台」でも、網が使えるよう加工していきたいと思います。

27cm×27センチの網台。

マスを基準に二巻きくらいすればA4サイズになります。

ぴったりの大きさに。収納袋にも入るので良いですね。

 これで「焼き肉」ができます(笑)。

実際にキャンプ場で使ってみた。

 キャンプで使用してみたのですが、長い薪が置けるのはとても便利ですね(^^♪

拾った枯れ木を燃やしています。

工夫次第ではピザも焼けます。


 スキレットを温めておき、裏返しにして焚火台の下にもぐらせます。隙間風が入らない様に風防を行い、ピザを下に入れると焼き上げることができました。

その他にもスペアリブを焼いたり。

見た目もキャンプをしている感じがして使いやすいです。

耐久性もありそうです。

使ってみた感想。 

 この「ピコグリル風の焚火台」をキャンプで使ってみた感想ですが、軽量コンパクトで組み立てもすぐできます。ソロキャンプにかなり向いている焚火台だと思います。

 また、ブッシュクラフトで拾い集めた「不揃いな長さの薪もそのまま燃やすことができる」のも良いですね。しかも、意外に暖かいので数人で囲んで暖を取ることもできます。工夫次第では下の熱を使いピザも焼けますしね(笑)。かなり使い勝手が良い焚火台だと感じました。

最後まで読んで下さってありがとうございます。








コメント

タイトルとURLをコピーしました