冬キャンプの一酸化炭素中毒問題!安全安心のDOD製の一酸化炭素チェッカーがおすすめ!命より大事なものはない!

一酸化炭素チェッカー

 どうもkazuでーす(^^♪

 秋冬キャンプ時、テント内に火器を取り入れる際にあたって必要な物。

 それは、「一酸化炭素チェッカー!」

 基本的に、テント内の火器の取り扱いは禁止とされていますが、薪ストーブや石油ストーブをテント内に入れて、快適な冬キャンプを行いたいキャンパーの方も多いのでは?

 そんな中、問題になるのが「一酸化炭素中毒」です。無臭の気体はあっという間にテント内を充満させ、意識を失わせます。最悪の場合は死ぬこともありますので、一酸化炭素中毒への対策が必要と考えます。

 前回、遠赤のヒーター型アタッチメントで暖を取る方法をご紹介した際に、格安の一酸化炭素チェッカーを使用していましたが、反応しないこともあり、信頼におけるDODの一酸化炭素チェッカーを入手する運びになりました。

少し心配だった一酸化炭素対策。

DOD 一酸化炭素チェッカー CG1-559(最新版)

ビーズ株式会社(DOD製品取り扱い店)公式HPより画像を引用

 Amazonなどで調べた限りですが、他の一酸化炭素チェッカーよりは高価な物になります。

 高価だけど何が違うかのかと言うと、原産国は中国だけど、センサーが日本製という事です!

 また、濃度の数値もリアルタイムで表示され、チェックする感度は良いです!

・センサーは「日本製」
・数値がリアルタイムで表示され感度は良好。

DOD 一酸化炭素チェッカーを開封してみました

 手元に届きましたので開封してみたいと思います。

パッケージ

手のひらに収まるサイズ感で、意外に小さい。

説明書き。

中古の一酸化炭素チェッカーは買わない方が良いと思います 

 説明書きでは「5年でセンサーの寿命を迎えます。5年以降は買い替えて下さい。」という文面が記載されています。

 フリマ(メルカリなど)で売っている中古の一酸化炭素チェッカーは買わない方が良いと思います。センサーの経年劣化により、正しい数値をチェックできない可能性があります。

 あくまで費用の計算ですが、本体は10,000円弱しますので、年/2,000円程度の費用で命を守れるのであれば安いし、5年使えたら元は取れると個人的に感じます。

外見を確認してみました



実際に動かしてみました

 中央ボタンを長押しすることで電源がオンになります。3分後に数字の「0」表記が出てきたら測定開始です。

 電源をオンにする場所ですが、3分間の間は綺麗な空気の場所に置いておくことで、センサーの感度をリセットし正しく示す仕様になっています。

 その為、一酸化炭素が生じているような場所では電源をいれずに、綺麗な空気のある「外」で電源をオンにすることをお勧めいたします。

ここから3分。綺麗な空気の場所で電源をオンに。

「0」表記になりました。これで測定開始となります。

実際にテント内に薪ストーブを入れて使ってみました

 秋キャンプで薪ストーブを使いましたので。さっそくこの一酸化炭素チェッカーを使用してみることにしました。

 今回使用した「薪ストーブ(G-stove)」についてはこちらを参照ください。また、一酸化炭素チェッカーの他に、テント内の「空気循環のシステム構築」についても記事にしていますので、ご参考になれば幸いです。

テンマクのサーカスTCDXに薪ストーブを入れて秋キャンプを楽しみました。
テントのベンチレーターから長時間強制的に排気する換気システムを考えてみました。

 全ての設営を終え、薪ストーブを点火する前に電源をオンにしています。

電源をオンにし、測定開始です。

 薪ストーブの特徴として、煙突から強制的に排気をすることもあり、テント内に一酸化炭素が溜まらず、一酸化炭素の濃度は常に「0」でした。

 もちろんテントの前室は締め切っている状態になります。

 しかし、飯盒を炊くときに使ったSOTOのレギュレーターのガス火を5分使うと「30」くらい上がりました。

飯盒を炊いた時に少し上昇した。

 また、設営の様子を見に来てくれた友達がタバコを吸っていたので、タバコの煙をセンサー部分に吹きかけたら「160」程度まで数値が上がったので、タバコは体に害があるのが分かります(笑)

※ちなみにkazuは禁煙4年目です。

 一酸化炭素による影響度とチェッカーの警報の仕組

 一酸化炭素による、人体への影響を示した表になります。DODの一酸化炭素チェッカーでは、「200PPMで数値が停滞すると、チェッカーの警報が鳴る仕組」となっています。


さらにテント内に焚火を入れてみました(検証) 

 検証として、焚火をテント(ソロベース型)に入れてみたらすぐ数値が上昇しました。

焚火の炭は一酸化炭素の量が多いことが分かった。数値も一気に上昇した。

基本的にテントの中では充満することが理解できます。

最後に 

 テント内で「薪ストーブ」や「石油ストーブ」、「ガス等の燃料機器」を取り入れる場合は、かならず必要だと再確認できました。

 他メーカーのチェッカーと比べると、「リアルタイムで数値が表示される仕組み」が、さらにキャンプ中も安心感を与えてくれると思いましたし、命を守る道具として優先するのであれば、ちょっとくらい出費しても良いと思います。

 少し高価なDODの一酸化炭素チェッカーを使用していくことにします(笑)

 また、検証により一酸化炭素が生じずらい暖房機器は、排気が成されている「薪ストーブ」ということも分かりました。

 最後まで読んで下さってありがとうございます。

※追記:その他の燃焼系ギアのご紹介はこちらから。

屋外にも持ち運びができ、運用性の高い石油ストーブ。
カセットガスが使えない冬に活躍する灯油(ケロシン)を燃料とするコンパクトストーブ。

 最後まで読んで下さってありがとうございます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました