初!道南遠征!(#1)函館の「五稜郭タワー&五稜郭公園」に行ってきました!

函館市

 どうもkazuです(^^♪

 初夏で今更ですが、道南カメラ遠征の記事になります(笑)

 道北に住んでいるkazuは「北海道の道南」のことを何も知りません。何かきっかけが無ければ、南の地に足を運ぶことはありません(笑)

 それくらい北海道は広いのです(^^♪

 しかし今回、道南に行く機会があり、函館の「五稜郭タワー」「函館公園」「立待岬」、松前町の「松前城」などに行ってきましたので、旅記録としてご紹介したいと思います(^^♪

 もちろん「ラッキーピエロ」にも行ってきましたよ(笑)

函館の名所!「五稜郭タワー&五稜郭公園」

 函館と言えば「五稜郭タワー&五稜郭公園」ですよね。四季を選ばずに、いつ行っても楽しめる場所になります(^^♪

 一番良い季節は、やはり「桜が満開に咲く春」が見どころになるのでは無いでしょうか(^^♪

五稜郭タワー&五稜郭公園へのアクセス

〒040-0001 北海道函館市五稜郭町43−9

 函館市内の町の中にあります(^^♪

五稜郭タワー&五稜郭公園の駐車場について

 近くに有料の駐車場が多くあり、車でも行ける場所になります。

 kazuは、3時間くらい滞在して800円程度でした。

五稜郭タワー&五稜郭公園について

 同じ北海道に住んでいても、実は「五稜郭」のことについて知らないことが多いです。

 そこで、せっかく観光&撮影に出向いたのですがから、五稜郭のことを少しだけ調べてみることにしました(^^♪

そもそも「五稜郭」って何?

 色々調べていると、難しい単語ばかり出てきたので、簡単にまとめると。

 時は「明治維新」の時代。
 五稜郭は、旧幕府が蝦夷地(北海道)に作った星型の要塞で、主に他国からの防御を目的としていた。
 しかし、戊辰戦争末期、旧幕府と新政府との攻防が繰り広げられ、旧幕府側だった新選組の「土方歳三」が、五稜郭を本拠に新政府と戦うが、新政府の猛攻撃により敗れます。

 簡単に言えば、旧幕府と新政府との激しい戦いが繰り広げられた最後の土地です。それが「五稜郭」です。

五稜郭タワーに上りました

 道南遠征の最初の地である五稜郭タワーに上りました。展望から見る景色は、桜が満開なこともあり、とても綺麗でしたよ(^^♪

大人は一人900円
展望台には見たことのあるマスコットが
土方歳三氏の銅像もあります
櫻ソフトクリーム。甘くておいしかったです
新政府?旧幕府?どっち?
広角レンズで窓に張り付き撮影
同じく広角で撮った五稜郭タワー内部

五稜郭公園に行きました

 五稜郭タワーで、展望を楽しんだ後は、五稜郭公園を散歩することにしました(^^♪

五稜郭公園の入り口
箱館奉行所への入り口
箱館奉行所
五稜郭タワーを見上げて一枚
春らしい一枚を撮影できました

最後に

 いかがだったでしょうか?

 土方歳三の最後の土地として有名な「五稜郭」

 そして、桜の季節の「五稜郭タワー&五稜郭公園」は、かなり見ごたえのある「北海道の景勝地」でした。

 こんなに大きい桜達を見るのは初めてで、少し興奮しましたよ(笑)

 まだまだ道南遠征は続きます!

 次回は、五稜郭と同じ函館市内にある「函館公園」をご紹介したいと思います(^^♪

 函館公園の桜並木道はとても綺麗でした

 最後まで読んで下さってありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました