市販のカセットガスでも大丈夫!キャンプの調理器具といえば!ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310がおすすめ!

五徳

 どうもkazuでーす(^^♪

 ソロキャンプを始めてから「取り扱いの簡単な調理器具」を探しています。しかし「ガソリンや灯油の燃料系ギアは危険で取り扱いが難しそうだ。」「カセットコンロを持ち出すと荷物になりそうだ。」など悩ましい問題が多く生まれます。

 色々とキャンプ飯の情報を調べて見ると「市販のカセットガス」を用いて使う「軽量コンパクト」な調理器具があるとのこと!

 それが、この調理器具になります。

SOTO(ソト) レギュレーターストーブST-310

 「SOTO(ソト)レギュレーターストーブST-310」というストーブです。「ストーブってあのストーブのことかな?」って、一瞬考えますが、キャンプシーンでは燃焼系の道具をストーブと呼ぶことが多いそうです。

 SOTO(ソト)というブランドですが「新富士バーナー株式会社」という会社が製造・販売を行っております。主にアウトドア用品を取り扱っているメーカーになります。

SOTO(ソト) レギュレーターストーブST-310

SOTO(ソト) レギュレーターストーブST-310の仕様

製品名SOTO(ソト) レギュレーターストーブST-310
ブランドSOTO(ソト)
製造・販売新富士バーナー株式会社
外形寸法幅166X奥行142X高さ110mm(使用時・本体のみ)
幅140X奥行70X高さ110mm(収納時)
重量350g(本体のみ)
発熱量2.9kW(2,500kcal/h)
※気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出。
使用時間約1.5時間(ST-760 1本使用時)
※気温25℃無風状態で点火後から30分間の燃焼データより算出。
使用容器SOTO製品専用容器(ST-760、ST-700)
点火方式圧電点火方式
材質バーナー・器具栓つまみ:ステンレス、ボンベホルダー・点火スイッチ:樹脂
付属品収納ポーチ
備考ボンベ別売

 収納時は本当にコンパクトで、ズボンのポケットに入ってしまうくらいの大きさです。使用容器(カセットガス)ですが、通常はSOTO専用の「ST-760、ST-700」というカセットガスの使用が推奨されていますが、市販のカセットガスでも使うことができます。

 CB缶はJIS規格で統一されていますので、共通し利用することができます。値段の違いは中身のガスの性質やブランド料です。規格で統一されているのであれば安い「市販のカセットガス」を使う方がコスパは良いですよね(^^♪

SOTO(ソト) レギュレーターストーブST-310の使い方(動画解説)

ST310 VIDEO2
SOTO公式サイトより動画転載

料理をするのに必要なのは「火力」

 ソロキャンプを始めた頃は、四角形のカセットコンロを持ち運んでいたのですが、大きく荷物になるし、場所を取ることに気が付きました。

 このストーブの良い所は「軽量でも火力が強いところ」です。仕様書によると発熱量は「2.9kW(2,500kcal/h)」となっており、一般のカセットガスコンロとほぼ変わらない発熱量を示しています。普通にお湯を沸かしたり、炒めもの調理をしたりと、様々な料理に適していると言えます。

実際にキャンプの時に使用してみました。

  ソロキャンプの時に実際に使用して見ました。地面にストーブを直接置くと安定しませんので、キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)のアルミロールテーブルの上に置き使用しています。 

お湯も5分くらいで湧きます。

キャンプのお供!レトルト料理!

横の金具を回すことで火力を調整できますので、炒めものも簡単に行えます。

専用のオプションパーツもあります。

 動画でも分かる通り「点火スイッチ」が押しにくく、長時間の使用で五徳(フライパンなどを載せる部分)がかなり熱くなります。

 そんな問題を解決してくれる、こんなオプションパーツを取り付けてみました。

「ソト(SOTO) レギュレーターストーブ専用アシストセット」

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ専用アシストセット


色は違いますが「風防カップ」も追加で取り付けています。

 これを取り付けることにより、点火スイッチを楽に押すことができます。また、使用後の五徳についても、触れないほど熱かったのですが伝熱を防いでくれるので、調理後すぐ触ることもでき利便性が増しました。

ソト(SOTO) ST-310 専用 アルミ遮熱板

 もう一つのオプション品が「アルミ遮熱板」になります。カセットガスへ熱が伝わらないように、本体には遮熱の羽が付いていますが、これだけではカセットガスに熱がこもる可能性があります。

アルミ製の遮熱版になります。

組み立てるとこのような形になります。

こんな風にサイドテーブルにもなります。

ウインドスクリーンを使うことで火力も安定します。

おまけにソト(SOTO) スライドガストーチ

 これは友達に勧められて購入しました。このガスストーチですが「火力がかなり強く」て、強風、雨などあらゆるアウトドアシーンで使うことができます。さらに、燃料は「カセットガスから充填できる」優れもの!ぜひおすすめしたい一本です。

Amazonより画像を引用

もうひとつ。ソト(SOTO) スライドガストーチ

1300℃!!カセットガスから充填できます。

最後に

 ソロキャンプをしていると、手の込んだ料理をしたい時もあれば、簡単に料理を済ませたい時もあります。その時に「サッ」っと出して、すぐ片付けができる。kazuが求めていた調理器具が見つかりました。

 年数十回と行くキャンプで、必ずと言って良いほど「使用頻度が高いキャンプギア」ですので、値段はそれなりにしますが、揃えておくことをお勧めいたします(^^♪

キャンプで使用したキャンプギアのレビューはこちらから。

灯油を燃料とするストーブ「マナスル121」のレビューはこちらから。
調理道具「クッカー」などのレビューはこちらから。
キャンプと言ったらホットサンド!レビューはこちらから。
100均メスティンでご飯炊き!レビューはこちらから。







コメント

タイトルとURLをコピーしました