リトルカブのカスタマイズ記録 NO.02「キャンプ荷物を積載できるバイクへ」

DIY

 どうもKAZUです(^^♪

 引き続き、「リトルカブ」の整備を行っていきたいと思います。

 さっそくですが、普通自動二輪の免許資格に合格しましたー(^^♪パチパチ

約二週間で免許を取得しました

 この記事が投稿されるころには、リトルカブに乗っていると思われます(笑)

 そんなリトルカブに施した整備ですが、

【今まで行った整備】
・キャブレーターの掃除(オーバーホール)
・オイル交換
プラグ交換
・タイヤ交換とブレーキ周りの点検
・スプロケットとチェーンの交換(スプロケットは錆びを落として再利用)
・エアクリーナーの交換
・燃料計(純正フューエルゲージ)の交換
・バッテリーの交換
・メッキ部分の磨き

 など一通りの整備を行いました(^^♪

前回のリトルカブのカスタマイズ記録になります

 今回も、色々カスタマイスしていきたいと思います!

リトルカブのカスタマイズ記録 NO.02

 このリトルカブは、「キャンプ道具を多く積載できるバイク」を目指してカスタマイズしていく予定です!

 「安全に夜間も走れてソロキャンプに行ける!」そんなゆるきゃん仕様にしていきたいと思っています(笑)

 アニメが好きなので影響されすぎです(笑)

リアキャリア、積載ボックスの取り付け

 リトルカブを譲り受けた時ですが、リアキャリアが取り外されている状態でした。

 リアフェンダーも加工されており、少し短くなっています。

 キャンプの荷物を積載するのにリアキャリアは必須なので、中古のリアキャリアを用意して取り付けていきたいと思います。

メルカリで購入した中古のリアキャリア
リアフェンダーが加工されているので短くなっている
テールランプを外して仮組です
良い感じですね
テールランプをリアフェンダーに取り付けるマージンが無いので、リアキャリアに直接溶接することに(笑)
がっつり溶接したので取れることは無いと思います
これでリアに荷物を積み込むことができるようになりました

 力技(溶接)で取り付けましたが、荷物を後部に積載することができるようになりました(笑)

工場に余っていた「Snapon」のボックス

 キャンプ道具を積載していくので、ボックスとサイドケースを取り付けました(^^♪

フロントブレーキの再調整(ブレーキシュー、ワイヤーの交換)

 フロントブレーキの効きが悪かったのでブレーキシューを交換してみました。

 ワイヤーについては、サイズ違いで取り付けられなかったです(´Д⊂ヽ

ブレーキシューとブレーキワイヤー
ブレーキクリーナーで綺麗にしていきます
新品のブレーキシュー
かっちり!

 ブレーキの効きですが、多少?良くなったかな?という感じでした(^^♪

 基本的に速度が出るバイクでは無いので許容範囲かと。



破損テールランプカバーの交換

 テールランプの破損があったので交換していきたいと思います(^^♪

下側が割れていた。これでは雨天時に水が浸入してしまいます
どこかにぶつけた過去でもあるのかな?
新しいテールランプ
これで水の侵入は無くなりました
前の見た目も大事だけど、後ろも大事ですよね

ライトのLED化(ヘッドライト)

 ライトのLED化ですが、ヘッドライトがとても暗いのでLEDバルブに交換していきます。

バイク用のLEDヘッドライト
ポン付けできるタイプになります
純正のケーブルを取り外します
オス、メス端子の全てが逆だったので付け直しています
直視できないくらい明るい光です

 ちらつきによる暗さもありますが、LEDの方が夜間走行の時は鮮明に見えるので安全ですね(^^♪

視認がしやすくなりました!


シフトレバーの交換

 シフトレバーの交換ですが、取り付けられていたシフトレバーのネジが舐めっており、乗っている内に緩くなることが何度かありました。

 走行中のシフト操作は重要なので、シフトレバーを交換していきたいと思います。

右が古いシフトレバー
一本物のシフトレバーに交換

 取り付けられていたシフトレバーは、長さが調整できるタイプでした。

 しかし、長い目で見るとシフト操作により、ネジの劣化が進むので、今回は「一本物のシフトレバー」に交換しています。まず緩むことはありません。

 もちろん車体のブルーに合せてメタリックブルーを選択してみました(笑)



滲んでいたオイルクーラーの交換

 譲り受けた時に取り付けられていたオイルクーラーですが、オイル滲みがあり交換を必要としていいました。

取り付けられていたオイルクーラー
走行しているとこの隙間から滲みポタポタと(笑)
取り換えたのがこのオイルクーラーになります!中華製!(笑)
横では無く縦に取り付けることにしました


フロントフェンダーの取り付け

 遠出や雨天時の走行も想定して、フロントにフェンダーを取り付けていきたいと思います。

 このリトルカブの前輪はおそらくCD50の物を流用しているので、それに合うフェンダーを中古で用意してみました。

これで雨天の走行も大丈夫!

しかし、問題が(笑)

 フロントフェンダーを取り付けたことにより、エアクリーナーとフェンダーが干渉するようになってしまいました(´Д⊂ヽ

沈みこむとフェンダーに干渉してしまいます

 工場を使わせてくれている先輩(社長)に相談したところ、エアクリーナーの位置を真横にしたら大丈夫とのこと(笑)

 簡単に言うけど溶接の技術なんてありませんよ!(笑)

エアクリーナーの配管を真っ二つに(笑)
アルミ溶接で角度を変更
オーダーメイド?(笑)
ガスケットをぬりぬり
エアクリーナーが真横に!
ターボチャージャー仕様?(笑)
かなり目立つカスタムになりました

サブの燃料タンクを固定する

 このリトルカブの燃費はリッター/30㎞くらいなので、満タンに燃料を入れても100㎞走るか走らないかです。

 サブの燃料タンクを常備しておくことで、長距離の走行ができるようにしていきます。

3リットルの燃料タンク
これで長距離の走行も心配ない


シートをブラウン系に交換

 車体のブルーカラーと黒いシートの色が合っていない気がして、思い切ってブラウン系のシートに交換することにしました。

下が純正のシート、左が新しいブラウン系のシート
ネジ二つで交換できるので簡単です
レトロな感じがして満足です

 やっぱり黒のシートより合います!(笑)

 シートの色一つで見た目や雰囲気が変わるので、かなりおすすめのカスタマイズになります。



最後に

 いかがだったでしょうか?(^^♪

 キャンプの荷物を積載でき、夜間でも安全に走行できるバイクになりました。

 欲を言えば、ウインカーやテールランプのライトを「LED化」にしたいと考えています。

 このカスタマイズは、違う機会にご紹介したいと思います(^^♪

 近々、キャンプ道具を詰め込んでキャンプに行きたいと思います。

 なるべくならバイクを乗り出せるキャンプ場が良いんだけど。

 良いキャンプ場ないかなー。

 最後まで読んで下さってありがとうございます(^^♪








コメント

タイトルとURLをコピーしました