-5℃まで対応!?春秋用の寝袋に!「sahara(サハラ)」のダウンシュラフを使ってみました!

寝袋

 どうもkazuです(^^♪

 まだ肌寒い北海道の春ですが、春用に購入したシュラフ(寝袋)をご紹介したいと思います(^^♪

 この記事では、「sahara」というメーカーについてと、saharaのダウンシュラフの開封から性能説明と、実際に10℃前後の外気温でキャンプを行った際に使用した感想をご紹介しております。

sahara ダウンシュラフ

 今回、「軽量でダウン素材を使っているシュラフ」を探していたところ、「sahara」というメーカーが発売している「ダウンシュラフ」を見つけました。

 そして先日、春キャンプを行った際に、このダウンシュラフを使用しましたので、良い点と悪い点を含めご紹介させて頂きます(^^♪

saharaとは?どんなメーカー?

 kazuは、Amazonなどでキャンプ道具を買い揃えることが多いのですが、まず販売している会社を調べる癖があります(笑)。

 今回ご紹介するダウンシュラフを発売している「sahara」についても、少し調べてみましたので、ご確認下さい(^^♪

大元は海外輸入代行の会社

 まず結論から言うと三重県にある「株式会社CTS(シーティーエス)」という海外輸入代行の会社から、自社ブランド?として発売しているダウンシュラフになります。

 楽天市場の中に「シーティーエス楽天市場」がありますので、会社概要など確認することができました(^^♪

 輸入代行(主に中国製品)と自社ブランドとしてキャンプ用品を販売しているイメージになります。アウトドア用品の他に、フィットネスやチェアなどの家具、ファッションなどなど。幅広く展開している様子です。その中に「sahara」と「archi」といアウトドアの商品カテゴリーがあるというわけです。

 シュラフの生産については、国内サンプルを海外に送り、指定工場で生産・検品し、それを「輸入」して、国内で販売している様子です。

 「だから、安価で売られているのかー。」と少し納得しました(笑)

 ちなみにサクラ評価を示す「サクラチェッカー」では、まったく問題の無い商品ということを確認しております。意外にちゃんとしたシュラフということが分かります。

Amazonで売られているシュラフはそれ系が多い

  おそらくですが、kazu個人の考えではsaharaの他に、ちょっと見かけたことがある「HAWK GEAR」や「RoveAfar」、「Desert Fox」、「FRETREE」、「LEEPWEI」、などなど。

 大元は、中国からの海外輸入代行の会社が関わっているパターンが多いのかも知れませんね。

sahara ダウンシュラフの性能

 やっとダウンシュラフの紹介ができます(笑)

メーカーsahara
colorオレンジ、コヨーテ、ネイビー、ブラック
サイズ220㎝×72㎝(展開時:185㎝×135㎝)
重量1㎏
内装素材ダウン20%、ダック80%
外装素材ナイロン
快適温度5℃~-5℃

 

 カラーについては、「コヨーテ」を選択しています。サイズについては、一般的な寝袋と同サイズに近く、重量は1㎏と軽量向きです。

 内装素材については、ダウンだと思っていましたが「ダック」の含有率の方が多いです。外装素材は「ナイロン」ですが、触り心地は良い感触でした。

 収納袋にベルトが3本ついているので、収納時にコンパクトになりやすい構造になっています。

その他、特記事項

sahara ダウンシュラフを開封してみる

 自宅に届いたので、まず開封してからキャンプで使用してみることにしました(^^♪

ビニール袋に梱包されていました
収納袋が上下に挟まる形状になっています
三か所あるベルトでシュラフをコンパクトにすることができます
saharaのロゴマーク(笑)
スペックが記入されています。少し親切ですね
収納袋は、上が外せる仕組みになっています。下は一体式です
取り出すとダウン(ダックの方が多いが)が盛り上がってくる感じです
床に広げてみました
外装素材のナイロンの触り心地は良いです
若干、裁縫が甘いところもありますが、通常使用には問題なさそうです
ドローコードが付いているので、首元からの「隙間風」を防いでくれそうです
収納は簡単に行うことができます

 開封してみた感想ですが、シュラフの盛り上がり方が購入イメージと少し違う感じがしました(笑)

 購入時のショップ写真はこれです。

Amazonより画像を引用
薄っぺらくないか?(笑)

 おそらくダウンが盛り上がってないのだろう。と、勝手に解釈しています(笑)。

 自宅で少しシュラフに入り寝てみましたが、「ユニクロのダウンジャケットを全身に着ている感じ?」でした(笑)

 例えが悪くてすいません。それでも、保温性はある方だと感じました。

実際にsahara ダウンシュラフをキャンプで使ってみました

 先日、ハンモックキャンプの時に使用してみました。

ハンモックの中にダウンシュラフを入れています
シュラフの下にマットは使用していません
出しておくと少し盛り上がった?ように見えます
この日の気温は10℃前後でした

 実際に使用してみた感想ですが、快適温度の「-5℃~5℃」は少し盛りすぎていると思います。それなら「ダウンをもっとシュラフに盛ってくれよ。」という感想です(笑)

 おそらくですが、上着を着て「5℃~15℃」あたりが快適温度では無いかと思いますまた-5℃での使用は無理だと感じます(笑)。めちゃくちゃ厚着をして「0℃」までかな。

 「ユニクロのダウンジャケットを全身に着て、-5℃で寝れますか?」という評価です(笑)

 もう一つ決定的な理由として、kazuは、コールマンの冬用の厚さがある寝袋を持っていますが、そちらが-5℃あたりの快適温度だと思うからです。

 こちらの寝袋は「秋冬」でも快適に寝ることができま

kazuが、北海道の厳冬期でも使用している安価な冬用の寝袋です

最後に

 いかがだったでしょう?(^^♪

 saharaのダウンシュラフの良い点と悪い点をまとめてみると、

【良い点】
・粗悪品では無くちゃんとした海外輸入シュラフ
・ダウンとダックを使った「羽毛」を使っている
・1㎏という軽量シュラフ
・収納袋のベルトでコンパクトにできる
・外装素材のナイロンの肌さわりが良い
・外側に小物を入れるポケット
・ドローコードにより、隙間風を防止できる
・安価

【悪い点】
・作りこみが甘いところがある(縫い合わせなど)※通常使用に問題はない
・購入時写真とは異なるダウンの盛り上がり
・快適温度「-5℃」は無い。おそらく「5℃~15℃」※上着を着て

 正直な感想ですが、「少し肌寒い時期に一つあると便利なダウンシュラフ」です。

 使用時期については、ユニクロのダウンジャケットやライトダウンを使う時期で良いのではないでしょうか?(笑)

 北海道だと5月~6月、朝が冷え込む7月、8月あたりに使用すると、快適に眠れると思います(^^♪

 ご参考になれば幸いです。

 最後まで読んで下さってありがとうございます。





 

コメント

タイトルとURLをコピーしました