夏の虫をどうする⁉サーカスTCDXにピラミッドメッシュテントを入れてみたら快適だった!

キャンプギア

 どうもー、KAZUです(^^♪

 皆様、暑い夏を満喫していますか?

 そう!夏キャンプの天敵といえば「虫」です!特に蚊!です!

 KAZUが所有している「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン:通称テンマク)のサーカスTC DX ダックグリーン」ですが、虫の侵入を防いでくれるメッシュテント(蚊帳)がありません!(笑)

KAZUの秋冬キャンプ「サーカスTCDX」

 サーカスTCDXのオプション品で、「メッシュインナー セット 4/5」という専用のメッシュテントは、「19,800円」と高額で買えません!(笑)

 KAZUは、貧乏キャンパーなのです((+_+))ガビーン!!!


 そんなKAZUですが!

 ソロキャンプに快適な低価格のメッシュテントを探し出し、実際にサーカスTCDXに使用してみることに成功しました(笑)!(^^♪

 結果を先に言うと、、、

 かなり良いメッシュテントでした!(笑)

 そんなメッシュテントを当ブログでご紹介したいと思います(^^♪

 この記事では、テンマクから発売されているサーカスTCDXのオプション品を使わず、他社の「低価格メッシュテント(蚊帳)」をサーカスTCDXに使用したレビュー内容となっております。

UnaFreely ピラミッドメッシュテント(二人用)

 今回、テンマクのサーカスTCDXに使用したメッシュテントですが、

 UnaFreelyというメーカーが販売している「ピラミッドメッシュテント」になります(^^♪



 UnaFreelyというメーカーですが、聞いたことがないアウトドアメーカーですよね(笑)

 しかも、このメッシュテントは独立式ではなく、上部の「トップループ」を使用して吊り下げる方法でテントを張り上げます。

 テントの固定も「四隅(よすみ)」をペグで固定するだけですしね(^^♪

 まずは、UnaFreelyというメーカーについてに触れてから、ピラミッドメッシュテントのご紹介とレビューを行っていきたいと思います。

UnaFreelyというメーカーについて調べてみました

 UnaFreelyについて、読み方は「ウナ フリーリー?」「ユーエヌエー フリーリー?」と呼ぶのが正解なのか???

 ネットで調べて見ましたが、「呼び方」を特定することはできませんでした。

 どうやら中国のアウトドアメーカーらしいのですが、KAZUが以前購入した「sahara(サハラ)」のダウンシュラフのメーカーと”会社の雰囲気”が似ており、「大元は海外輸入代行の会社が販売しているアウトドア用品メーカー」だと思われます。

sahara(サハラ)のダウンシュラフ。春秋用にも使えるコスパに優れた良いシュラフです

 ちなみにサクラ評価を示す「サクラチェッカー」では、まったく問題の無い商品ということを確認しております。

 意外にちゃんとしたメッシュテントということが分かりました。

 さらに、UnaFreelyが他に販売している「ワンポールテント」などは、コスパに優れていることもあって、玄人キャンパーから高評価を受けているのも事実です。

 そんなUnaFreelyが販売しているピラミッドメッシュテントについて、ご紹介していきたいと思います(^^♪

ピラミッドメッシュテントについて

 ピラミッドメッシュテントの種類とサイズ感の確認と、サーカスTCDXへの設営の様子をご紹介したいと思います(^^♪

種類は「一人用」と「二人用」がある

 まず、ピラミッドメッシュテントですが「一人用」「二人用」があります。

ピラミッドメッシュテント一人用二人用
底部材料210Dオックスフォード210Dオックスフォード
底部材料PU防水4000mm4000mm
サイズ幅220cmX奥行85cmX高さ140cm幅230cmX奥行140cmX高さ160cm
重量0.65kg0.8kg
折りたたみ時約37x14cm約42x16cm
ピラミッドメッシュテント

 今回、KAZUがサーカスTCDXに使用ているのは、「二人用のピラミッドメッシュテント」になります。

二人用のサイズは広い

 二人用のサイズですが、幅230cmX奥行140cmX高さ160cmと広くなっており、ソロやディオでも十分な広さになっています。本当に広いです(^^♪

幅230cmX奥行140cmX高さ160cmと、十分広いメッシュテントです

 その他に付属しているものは「アルミペグ×4本」のみですが、このペグは細くて使い物にならないので、違うペグを使うことをお勧めします。

 

サーカスTCDXに設営してみました

 実際に設営しましたが、ピラミッドメッシュテントの設営はとっても簡単です!

①メッシュテントを広げる
②四隅(よすみ)のループにペグを打ち固定する
③サーカスTCDXのポールに引っ掛ける(別にロープが必要)

テントを広げて四隅にペグを打ち固定します

 メッシュテントの底面が汚れるのを防ぐ為に、グランドシートをメッシュテントの下に敷いています。

 グランドシートは、「240㎝×220㎝」の大きめのシートを使用しています。



トップループにカラビナとロープを取り付けます(別に必要)
サーカスTCDXのポールのランタンハンガーに取り付けます
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット(ダブル)がピッタリ収まりました


その上からエアマットを二つ敷きます


完成です(笑)

 サーカスTCDXの面積の半分とメッシュテントの横には40㎝程度のスペースもあって、テント内の「窮屈感」は感じられませんでした(^^♪

サーカスTCDXの後方から

 さらに良い点が、メッシュテントの出入り口が左右に取り付けられているのと、「ダブルファスナー」なので開閉がとっても簡単でした。

 前後からの出入りもスムーズに行えました(^^♪

ダブルファスナーで開閉も楽々でした
開いた時の「留め具」もしっかり取り付けられています
天井部分には、ランタンフックが取り付けられていました

最後に

 いかがだったでしょうか?(^^♪

 メッシュテント(蚊帳)をまだ所有していない方や、サーカスTCDXを使用しているけど、オプションのメッシュテントは高くて買えない方などにおすすめしたいです!

 メッシュテント自体の作りこみについては、値段相応なところもありますが、通常の使用にまったく問題が無く、「長期的に使えそうなコスパに優れたメッシュテント」だと感じましたよ(^^♪

 KAZUはこの「UnaFreely ピラミッドメッシュテント(二人用)」を、サーカスTCDXに使用していきたいと思います。

 最後まで読んで下さってありがとうございます(^^♪



※自在金具付のロープを好きな長さに調整して作ることができます。ワンセットあると何かと便利ですよ(^^♪



コメント

タイトルとURLをコピーしました