丸瀬布町(遠軽町)「丸瀬布いこいの森キャンプ場」に行ってきました!【登山泊想定キャンプ】

丸瀬布町(遠軽町)「丸瀬布いこいの森キャンプ場」

 どうもkazuでーす(^^♪

 今回は「丸瀬布町(遠軽町)」「丸瀬布いこいの森キャンプ場」へ遊びに行きました。

 自然豊かな森の中で、河川の近くにテントを張ることができる珍しいキャンプ場になります(^^♪

「丸瀬布いこいの森キャンプ場」について

 コロナ流行に伴う各規制もあり、紹介している営業内容及びキャンプ場の情報が異なる場合がありますので、事前に現地キャンプ場への問い合わせをお願い致します。

基本情報

キャンプ場所在地

〒099-0213 北海道紋別郡遠軽町丸瀬布上武利80番地

 旭川紋別自動車道を通り、「丸瀬布IC 出口」を抜けて国道333号/丸瀬布方面に向かうと良いです(^^♪

利用料金

高校生以上800円
小学生以上400円
【入場料(全サイト共通料金)】
フリーサイト(4トン車以上)1,000円
フリーサイト(軽自動車以上)500円
フリーサイト(バイク等)200円
【宿泊】バンガロー 4人用2,500円
【宿泊】バンガロー 4人用(高床式)R2完成5,000円
【宿泊】バンガロー 5人用3,000円
【宿泊】バンガロー 6人用3,500円
【宿泊】バンガロー 6人用(テラス付)5,000円
【休息】バンガロー 4人用1,000円
【休息】バンガロー 4人用(高床式)R2完成2,000円
【休息】バンガロー 5人用1,200円
【休息】バンガロー 6人用1,400円
【休息】バンガロー 6人用(テラス付)2,000円
第1オートサイト(電源付)2,500円
第2オートサイト(電源なし)2,000円
【休息】フリーサイト宿泊料金の半額
【サイト利用料】

※【休息】を除き、すべて1泊の料金です。

※フリーサイトは予約の必要はありませんが、バンガロー、第1・第2オートサイトは必ず事前に予約してください。

サイトマップについて

 フリーサイトは、広くスペースが確保されており、車の乗り上げが可能です(駐車も)。

 宿泊や休息が行えるオートサイトやバンガローもあります。

 R2年に新しく、「高床式のバンガロー」が増設されました。

センターハウス設備
コインランドリー(1回)200円
乾燥機(1回)100円
温水シャワー(1回)200円
コンロ(1泊)200円
寝袋(1泊)200円
電気ストーブ(1泊)500円

営業期間

4月下旬~10月中旬(いこいの森と

同じ)

問い合わせ先

 公式サイト 丸瀬布いこいの森キャンプ場

 【平日】丸瀬布総合支所産業課農林商工観光担当→TEL:0158-47-2213

 【土・日・祝日】郷土資料館→TEL:0158-47-2466

キャンプ場設備

受付場所

 キャンプ受付は、「いこいの森センターハウス」で行うことができます。

キャンプ場の入り口ですが、ゲート幅が3.2mまでとなっているのでご注意を!

炊事場

トイレ

その他

 ゴミステーションですが、指定ゴミのルールがありますので確認が必要です。

 大人数で楽しめるバーベキューコーナーもありましたが、使用するのであれば事前に予約が必要です。

 河川近くのキャンプですが、規制線があり、水辺の近くにはテントを張ることはできません。

 しかし、写真のあたりまでであれば、テントを張ることができそうでしたよ(^^♪

実際に泊まってみた

 今回は、「なんちゃって登山泊」を想定したミニマムな装備でソロキャンプを楽しんで来ましたよ(^^♪

 ゆくゆくは、登山泊を行いたいと思っています!

設営準備

 今回は、「第1フリーサイト」を使用しました。

 車の乗り上げが行えるのは嬉しいですね。

 フィールドですが、芝では無く細かい砂利石と砂です。

 所々、地面が硬い場所がありますので、ペグの選定は必要になります。

 今回の幕は「登山泊」を想定して、「GEERTOP(ギアトップ)のソロテント」を使用してみました(^^♪

GEERTOP(ギアトップ)の軽量なソロテント

キャンプの様子

 登山泊を想定した食事だったので、持参した食料はこれだけです。

レトルトカレーに切り干し大根などの乾物(携帯食料)

 夕食は、米飯とレトルトカレーを頂きました(^^♪

 あ、もちろん!

 お酒とつまみは持って来ていますよ(笑)

 夜はお酒を飲みながら過ごしていましたが、事前に雨予報をキャッチしていたので、テント内で横になり休むことに。

 雨キャンプは個人的に好きです。

 「ポツポツ」という音が癒しになります(笑)

 この何もしない時間を過ごすのが、非現実を味わえてKAZUは大好きです(笑)

 夜中まで雷雨が続きましたが、お酒も飲んでいたのでそのまま寝てしまいました(笑)

 ちなみに、カラスとキツネが多いキャンプ場なので食料の管理は徹底した方が良いです。

 朝食は、切り干し大根とベーコンのゴマ油炒めと、高野豆腐の味噌汁、サンマ缶、残りのご飯になります(^^♪

 こういった携帯食料でソロキャンプをするのも楽しいですね(笑)

最後に。

 いかがだったでしょうか?(^^♪

 自然豊かなキャンプ場で、平日利用だとほぼ誰も居ません(笑)

 KAZUと、もう一組キャンパーが利用していただけです。

 河川も近くにあり、遊具も充実しているので「ファミリーキャンプ」にもお勧めできるキャンプ場だと思います(^^♪

 近くには、「山彦の滝」という立派な滝もありますので、ぜひ見学に行ってみて下さい。

 最後まで読んで下さってありがとうございました。

キャンプで使用したキャンプギアのレビューはこちらから。

GEERTOP(ギアトップ)の軽量なソロテント
軽量エアーマットでしたが寝心地は良かったです
コスパに優れたダウンシュラフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました