KIKKERLAND(キッカーランド)のワイヤー式コーヒードリッパーがお洒落で格好良い!

焚火・ストーブ・クッキング用品

KIKKERLAND(キッカーランド)のコーヒードリッパーがお洒落!

 どうもKAZUです(^^♪

 キャンプをするようになってから、本格的にハマり出した「コーヒーのある生活」ですが、色々なコーヒー関連の道具の中から、今回は、「お洒落なコーヒードリッパー」をご紹介したいと思います。

 ワイヤー式の構造で、しかも折り畳みができるので、収納性が高いコーヒードリッパーになります。

 この記事では、KIKKERLAND(キッカーランド)会社概要や、発売されているワイヤー式コーヒードリッパーの特徴と、実際に使用してみた感想をご紹介しております。



KIKKERLAND(キッカーランド)とは?

 販売元の「KIKKERLAND(キッカーランド)」ですが、1992年にアメリカ・ニューヨークに設立された会社になります。

 「日々の生活をより楽しめる”もの”」というテーマを掲げ、ユーザーの好奇心を刺激するようなデザイン性の高いインテリア・生活雑貨製品を扱っています。

 日本の代理店は「株式会社ディテール」になります。

 公式オンラインショップはこちらから、

 →KIKKERLAND公式オンラインショップ

KIKKERLAND(キッカーランド)のコーヒドリッパーの特徴

 そんなKIKKERLANDから発売されているコーヒードリッパーの特徴ですが、

メーカーKIKKERLAND
シルバー(KCU160)/ゴールド(KCU170)
サイズW10×D10×H8.3cm
(折り畳み時 W14.6×W14.6×H2.5cm)
材質チタン化ステンレス
KIKKERLANDのコーヒードリッパーの特徴
色はシルバーとゴールドから選択することができる

色はシルバーとゴールド(メッキ)

 色は、シルバーとゴールドから選ぶことができます。

 ゴールドはメッキ加工が施されています。

 個人的に、ゴールドの方が「真鍮(しんちゅう)に似た雰囲気が出ているので好きです(^^♪

 キャンプにも合いそうなデザインですよね♪

使用方法と折り畳み方

 ドリッパーの使用方法ですが、引き上げることにより「ドリッパーが縦に立ち上がる構造」になっています。

 今回、KAZUは真鍮に似たゴールドを選択してみましたよ(^^♪

 曲がる関節部は少し固めにできているので、立ち上がっても自然に戻る心配はなさそうです。

折り畳むとコンパクト

 折り畳むと「直径約15cm 厚さが2cm弱」とコンパクトなサイズになりますので、収納しながら持ち運びができます。

材質はチタン化ステンレス

 材質は、「錆に強いステンレス製」で、チタン化によって耐腐食性が高まっているのも特徴の一つとなります。

 飲み物が直接触れる道具ですので、材質にもこだわりたいところですよね(^^♪

 しかし、重量は「約100g」と少しだけ重く、持って見ると「意外に重たいな。」と感じるかも知れません。

錆に強いステンレス製(チタン化)、約100gと少しだけずっしりしている

届いたので実際に自宅で使って見ました

 実際に、手元にコーヒードリッパーが届いたので、開封してコーヒーを淹れてみたいと思います(^^♪

パッケージ
クピルカ(KUPILKA)のククサを使用

 今回、コーヒードリップと一緒に使用するカップですが、KAZUがキャンプの時に愛用している「軽量・高耐久、樹脂素材でできているクピルカ21」を使用していきたいと思います。

 コーヒーカップとしても使えるのでおすすめです(^^♪

環境に配慮した素材「カレライン」を使用。
SOTOのレギュレーターストーブ、BUNDOKのケトル

 お湯を沸かすストーブはSOTOのレギュレーターストーブと、ケトルはBUNDOKのコンパクトなケトルを使用していきたいと思います(^^♪

CB缶(カセットガス)を使うストーブ
メスティンへのスタッキングも可能。コンパクトなケトル
お湯を細く注ぎます
ドリッパーも広く淹れやすいですね
フィルターの先がコーヒーに浸ることが無くて良いですね
円形がしっかり容器に重なるので安定性が高いです
どんなコーヒーカップにも適合する大きさで淹れやすかったです

 実際に使ってみた感想ですが、まず円形の土台に蜘蛛の巣状のワイヤーが固定されているので、「フィルターが飛び出てコーヒーに浸かることが無く扱いやすい」と感じました。

 気になる点は、使い終わった後、少し洗いにくいということです。金具を引っ掛けないように慎重に洗っていきたいですね(^^♪

先日の冬キャンプで使用してみました

 実際に北海道の厳冬期で行った冬キャンプの時に、コーヒードリップを使用しています(^^♪

 起床後、薪ストーブでお湯を沸かして、テント内でコーヒーを淹れて、至福の時を味わうことができました(笑)

先日の冬キャンプで使用
キャンプの雰囲気に合うコーヒードリッパーです
寒い日や朝に飲むコーヒーは本当に美味しいです。

YouTubeで、今回のキャンプの様子を公開中!

 また、キャンプ動画の中でコーヒードリッパーが登場しますので、ご興味のある方はぜひご視聴下さい(^^♪

【4K】【冬キャンプ】士別市の「焚き火キャンプ場 士別ペコラ」に行ってきました。BUNDOK ソロティピー1TCと薪ストーブ、フロントフラップ二股化など。【キャンプ納め】

 もし宜しければ「高評価」「チャンネル登録」を宜しくお願いします(^^♪

最後に

 いかがだったでしょうか?(^^♪

 KIKKERLAND(キッカーランド)のコーヒードリッパーは、何と言っても「お洒落」です。

 しかし、お洒落なだけでは無く、コンパクトに収納もできますし、コーヒーが淹れ易い構造になっているので、機能性も高いコーヒードリッパーだと感じました。

 さらに、色もシルバーとゴールドから選択することができます。

 KAZUは個人的に、真鍮に似たゴールドをお勧めしたいですね(笑)

 自宅で使ってもキャンプシーンで使っても、どこでも雰囲気にマッチすると思います。

 長く愛用できるコーヒードリッパーではないでしょうか?(^^♪

 最後まで読んで下さってありがとうございます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました